News

青山ー中道の2年生バッテリーがプロ入り!2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインのその後を紹介

2020.07.22

青山ー中道の2年生バッテリーがプロ入り!2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインのその後を紹介 | 高校野球ドットコム
高校時代の青山大紀

 全国で独自大会が続々と開幕し、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。

 今回は、2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインのその後を紹介する。

投手 青山 大紀 2年(トヨタ自動車-オリックス)2015年4位
捕手 中道 勝士 2年(明治大-オリックス-堺シュライクス)2016年育成5位
内野手 大西 佑季 3年(法政大)
内野手 住谷 将来 3年(同志社大)
外野手 小野 耀平 2年(明治大-ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校-NOMOベースボールクラブ-日本製鉄東海REX)

 2回戦の鶴岡東戦、3回戦の横浜戦は完投勝利を果たした2年生エース・青山 大紀は3年春にも甲子園出場に牽引。高校卒業後はトヨタ自動車を経て、2015年にオリックスに4位で指名を受け入団。2016年にはU23日本代表に選出されW杯優勝を経験。2019年オフに現役を引退した。

 青山とバッテリーを組んだ同じく2年の中道 勝士は甲子園後、AAA世界野球の日本代表にも選出される。明治大を経て、2016年にオリックスに育成5位指名を受け入団も、1年で戦力外通告を受け、2019年からは関西独立リーグの堺シュライクスに入団し1年間プレー。41試合に出場し152打数51安打5本塁打32打点、打率はリーグ4位の.336を記録した。

 投手も務めた小野 耀平は中道と共に、AAA世界野球の日本代表に選出され、明治大に進学。その後同大中退を経てルネス紅葉スポーツ柔整専門学校、NOMOベースボールクラブと渡り、現在は日本製鉄東海REXでプレーする。

 高校野球引退後もそれぞれの舞台で活躍を続けた2011年夏に全国16強入りを果たした智辯学園ナインたち。現役の智辯学園ナインは、甲子園交流試合にも出場予定で、今夏の奈良の独自大会では21日に初戦を迎え、コールド勝ちで幸先良いスタートを切った。次戦は26日に関西中央と対戦する。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>