トーナメント表

【関東】昌平・山根が2発5打点、東海大相模・4番金本が2ランなどで初戦を快勝、東海大菅生は山梨学院を完封<春季地区大会>

2024.05.18


2本塁打を記録した昌平・山根 大翔外野手(3年)

2024年春季の第76回春季関東地区高校野球大会が18日開幕し、1回戦1試合、2回戦4試合が行われた。

1回戦では鹿島学園(茨城)が2対1で樹徳(群馬)に競り勝った。2回に1点を先制されたが、3回に2点を奪っての逆転勝ちだった。

2回戦では東海大相模(神奈川)が専大松戸(千葉)を9対3で破った。2対2で迎えた6回に2点を勝ち越すと、7回には4番・金本 貫汰内野手(2年)の2ランなどで4点を挙げて勝負を決めた。

昌平(埼玉)は3本塁打が飛び出し、7回コールドの8対0で武相(神奈川)に快勝した。1回に山根 大翔外野手(3年)が3ランを放って先制すると、5回には櫻井 ユウヤ内野手(2年)のソロなどで2点、6回には山根がこの日2本目となる2ランなどで3点を挙げ、コールド勝ちに持ち込んだ。山根は5打点の活躍。投げても先発の古賀 直己投手(3年)が7回12奪三振の3安打完封劇を演じた。

東海大菅生(東京)は2対0で山梨学院(山梨)を下した。初回に1点を先制、5回にも1点を加え、小島 葵投手(3年)、上原 慎之輔投手(2年)のリレーで3安打無失点に抑えた。

白鷗大足利(栃木)は8回コールドの10対2で前橋商(群馬)に快勝した。

19日は2回戦が予定されている。

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商