News

各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト(6月8日更新)

2020.06.08

各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト(6月8日更新) | 高校野球ドットコム

 20日に夏の甲子園、及び地方大会の中止が決定し、各都道府県が独自で大会を開催する方向性で準備するところが出てきた。その代替大会の開催情報等を下記にまとめた。

・北海道(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:7月中旬から10支部で大会をスタートし、8月に北北海道大会と南北海道大会の開催を目指す。 ※無観客での開催試合で開催

・青森県

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月7日(木)
代替大会開催可否:7月14日から大会開幕。6月30日抽選会、決勝戦は7月28日で大会を進める。

・岩手県
学校再開日:5月7日(木)
代替大会開催可否:現在未定。6月9日に会議開催予定

・宮城県
学校再開日:5月18日(月)から段階的に進み、6月1日(月)本格再開
代替大会開催可否:6月5日に常任理事会を開き、開催に向けて前向きに検討中。6月11日に運営委員会開催して、正式発表。

・秋田県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月11日(月)
代替大会開催可否:7月9日~22日まで無観客での開催を検討

・山形県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月11日(月)から段階的に進み、25日(月)本格再開
代替大会開催可否:「山形県高校野球大会2020」で7月11日から開幕。決勝戦は8月1日でスケジュールを組んでいる。抽選会は6月30日開催。

・福島県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月25日(月)から段階的に進み、6月1日(月)本格再開予定
代替大会開催可否:7月18日からトーナメント制の大会開幕を目指す。決勝戦は8月10日予定

・茨城県(開催へ向けた記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:5月26日に臨時理事会により開催が承認され、7月での開催を発表

・栃木県(開催へ向けた記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)→25日(月)から31日(日)まで分散登校 6月1日(月)から通常授業
代替大会開催可否:7月18日開幕を目指す。開催期間は7月18日~8月2日までの休日祝日。

・群馬県
学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:6月6日理事会開催し、開催に向けて検討中。

・埼玉県(開催に向けた最新記事はこちら)
学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:8月開催を検討

・東京都(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:7月18日に開幕

・神奈川県
学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:現在検討中

・千葉県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:8月開催の予定。6月16日の理事会で大会日程、ルールなどが正式決定

・山梨県
学校再開日:5月25日(月)から早まる見通し
代替大会開催可否:現在未定。

・新潟県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:8月末までに開催予定。6月12日会議を開催予定

・長野県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:7月18日開幕を目指す

・富山県
学校再開日:18日以降、校長判断で再開
代替大会開催可否:開催できるよう現在検討中。

・石川県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:無観客で7月11日から開催。土日祝日を使って開催していく。(関連記事はこちら)

・福井県
学校再開日:5月25日(月)
代替大会開催可否:休校中のため、現在未定。6月12日に会議開催予定

・岐阜県(開催に向けた最新記事はこちら)
学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:6月4日理事会開催し、7月11日からトーナメントでの大会開催を決定。土日祝日を利用して、無観客で試合を行う。

・静岡県
学校再開日:6月1日(月)→5月25日(月)
代替大会開催可否:トーナメント方式で7月11日から開幕できるように準備を進める。ベンチ入り選手を25人まで増やし、1試合7イニング制で実施。8回からはタイブレークとなり、決勝戦を8月1日に開催する。

・愛知県(開催に向けた最新記事はこちら)
学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:「夏季愛知県高等学校野球大会」の名将で7月4日から開幕。土日祝日を中心に開催して、トーナメントで行われる。試合ごとにベンチ入り選手20名を決められ、決勝戦は8月2日。抽選会は6月20日に実施。(関連記事はこちら)

・三重県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)→5月18日(月)から分散登校で、6月1日(日)から通常授業
代替大会開催可否:大会開催に向けて準備中

・滋賀県(開催に向けた最新記事はこちら)

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:7月18日から「令和2年度夏季滋賀県高等学校野球大会」という名称で開幕。6月27日に抽選会が連盟の役員による代理で行われ、トーナメント方式で進んでいく。

・京都府(開催へ向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:土日と祝日を中心に試合が組まれる方針で、独自の府大会を開催する方針を決めた

・大阪府(開催へ向けた最新記事はこちら)
学校再開日:6月1日(月) 学校再開を早める
代替大会開催可否:独自の大会の開催決定。7月18日から8月10日までの期間に大会開催。トーナメントで7球場を使って行われる。選手登録は30名までOKとなり、試合当日に20名のベンチ入りを決定。抽選会は7月3日。連盟役員による代理抽選となる。

・兵庫県(開催へ向けた最新記事はこちら)
学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:6月4日に支部会が開かれ、7月1日に抽選会、そして7月18日から大会を開催することで決まった。土日祝日を使って試合を開かれる。

・奈良県(開催へ向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:県独自の対抗試合を開催する方針を固める。7月11日から26日。土日と祝日の計8日間を利用し、佐藤薬品スタジアム(県立橿原公苑)で全試合が行われる。原則として平日は試合を設定しない。

・和歌山県(開催へ向けた最新記事はこちら)

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:開催に向けて検討がされていく。

・鳥取県
学校再開日:5月7日(木)
代替大会開催可否:「2020年夏季鳥取県高等学校野球大会」の名将で大会を開催するが、7月11日から開幕。決勝戦を7月27日に実施することとなっており、抽選会は6月26日に行われる。

・島根県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月25日(月)
代替大会開催可否:7月17日開催に向けて調整

・岡山県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月21日(木)、部活動は28日(木)から再開
代替大会開催可否:6月4日会議にて、7月18日開催予定で決定。試合毎にメンバーの入れ替えを可能で25名まで登録可能となった。

・広島県
学校再開日:5月18日(月)から段階的に自主登校
代替大会開催可否:トーナメント方式で7月11日から開幕。土日を中心に、決勝戦は8月8日となる。抽選会は6月28日に開催されることとなっている。

・山口県
学校再開日:5月25日(月)
代替大会開催可否:大会名を「やまぐち高校生2020メモリアルカップ夏季高校野球大会」として、7月11日から開幕。決勝戦は8月1日の予定となっており、抽選会は6月20日。ベンチ入り選手は25名となった。

・香川県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)
代替大会開催可否:大会名を「令和2年度香川県高等学校野球大会」として7月23日開幕。7月10日に抽選会が行われ、ベンチ入りメンバーは20名。3年生のみ試合ごとの登録変更を認める。決勝戦は8月13日。

・徳島県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:6月1日(月)→5月21(木)、22(金)のどちらかの半日を学年別で分散登校。部活動は23日(土)以降、感染症対策を徹底した上で、短時間での練習からスタート
代替大会開催可否:7月11日~8月2日(土日祝日開催) 抽選日 6月29日(詳しい大会概要はこちら)

・高知県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月11日(月)から通常授業可。部活動は24日まで禁止
代替大会開催可否:7月18日(土)開幕。7月29日(水)をメドに決勝戦開催予定。抽選会は6月27日(月)に参加校部長が行う形で実施。

・愛媛県(開催に向けた最新記事はこちら)
学校再開日:5月11日(月)から学年別分散登校
代替大会開催可否:開催できるよう準備を進めていく方向で進む

・福岡県(開催に向けた最新記事はこちら)
学校再開日:5月18日(月)以降分散登校を始め、20(水)より全面登校
代替大会開催可否:開催しない方向で決定が、再び議論をしなおすことに

・佐賀県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月14日(木)
代替大会開催可否:7月11日(土)~7月30日(木)にトーナメント方式での開催 ※授業日数確保のため、できるだけ土日に実施だが、スケジュール上は問題ない

・長崎県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月11日(月)
代替大会開催可否:5月25日より対外試合解禁となり、準備ができると判断して、「長崎県高等学校野球大会」という名称で7月10日から大会開幕。トーナメント方式で開催され8月2日に決勝予定。抽選会は先生方によるものとして、6月19日に実施。今後は感染対策としてプロ野球の試合などを参考にしながら、対策を講じていく。

・熊本県(開催に向けた最新記事はこちら)

学校再開日:5月18日(月)→6月1日(月)から県立校が再開
代替大会開催可否:6月4日に理事会で抽選会は6月18日、大会を7、8月に開催することが決定した。

・大分県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月11日(月)
代替大会開催可否:7月14日(火)からトーナメント方式で大会開催

・宮崎県
学校再開日:5月25日(月)から前倒しで準備を進める
代替大会開催可否:開催できるよう現在検討中。6月8日に会議開催予定

・鹿児島県
学校再開日:5月11日(月)
代替大会開催可否:6月下旬から地区予選を開催。7月中旬まで実施され、7月22日から決勝トーナメントを開き、28日に決勝戦。抽選会は6月27日に実施される。

・沖縄県(開催に向けた最新記事はこちら)

【大会情報ページはこちら】

学校再開日:5月22日(金)を目処。
代替大会開催可否:無観客で7月4日(土)からトーナメント形式で開催。決勝は8月2日予定。またベンチ入りメンバーを20名から25名に増やすことを決定している。

中学、高校、大学、社会人野球の大会開幕状況リスト
【中学野球大会開幕状況一覧】
【高校野球大会開幕状況一覧】
【大学野球大会開幕状況一覧】
【社会人野球大会開幕状況一覧】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?