第1回 監督が動く!代替大会開催に向けて現場が生み出した「石川モデル」とは?2020年05月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校野球における「石川モデル」のはじまり
[2]9回2アウトからの大逆転へ

高校野球における「石川モデル」のはじまり



金沢桜丘の選手たち

 「この状況、9回2アウトだと、思ってやってます」
 5月20日、夏の甲子園大会・地方大会の中止の発表をうけて、各都道府県高野連に判断を託された地方大会に代わる独自大会の開催可否。

 今、この独自大会の「開催」に向けて思案し、動いているのは、各都道府県の高野連だけではない。3年間、球児たちとグラウンドで汗水流してきた各高校の監督自身だ。今、現場の監督たちのアイディアによって、各地の連盟が開催に向けて動き始めている地区も少なくはない。

 先の言葉は、石川県の監督会代表を務める、金沢桜丘高校野球部監督・井村茂雄さんのものだ。井村さんも、独自の地方大会開催に向けて戦っている監督の一人だ。

 石川県といえば、甲子園中止発表をうけた翌日。
 独自の地方大会開催に向けた感染防止対策の一つとして、加盟校全ての関係者たちが着用するためのスポーツマスク2000枚の購入を石川県高野連が明らかにした。

 このアイディアを高野連に提案したのが、井村さんだった。発案のヒントは、長野県・小諸商業高校野球部の竹峰慎二監督が、5月半ばに甲子園の開催を願って自作した動画をみたことからだった。もともと、若手指導者を養成する日本高野連主催の「甲子園塾」1期生の同志だった二人。


小諸商業野球部・竹峰監督が制作した動画より

 竹峰監督が制作した動画の中では、実際に野球部顧問たちが、ネックウォーマー型の通気性の良いスポーツマスクを着用し、自主練習をしている。スポーツマスクの着用によって、大会開催が実現できるのではという願いが込められた動画から、井村さんはヒントをもらった。すぐに、知り合いのスポーツ店に電話をかけた。そこで、マスク2000枚の制作確保を確認。そのまま、石川県高野連に提案を持ち掛け、賛同を得た。

 そのスピード感ある動きの背景には、佐々木渉さんが理事長を務める石川県高野連と、4年前に発足したばかりの石川県の監督会との風通しの良い組織体制もあるが、それが今回の非常事態において、県内の球児たちを救っていることは間違いない。

 ただ、それだけではなく、他の地区も真似できるようなロールモデルの提唱が、今回着目すべきポイントだ。

 井村さんは、2000枚マスク購入の提案だけではなく、大阪府が新型コロナの感染拡大防止に向け、吉村洋文知事が全国に先駆けて掲げた「大阪モデル」にならって、高校野球における「石川モデル」を作成し、県の高野連に提案した。

【次のページ】 9回2アウトからの大逆転へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム