第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想2020年06月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 愛知県高校野球連盟(愛知高野連)は中止が決まった第102回全国高等学校野球野球選手権大会・同地方大会に代替となる独自大会「夏季愛知県高等学校野球大会」を開催することを決め、6月5日の運営委員会にて詳細が決定する。

 今回は愛知県高校野球連盟の神田清理事長にお話を聞かせていただいた。

大会は球場での開催を検討



神宮大会を制した中京大中京

 今回、愛知高野連が開催へ向けて準備しているのは、本来であれば出来るはずだった夏の大会ができない3年生が可哀そうだという想いが強かったからです。

 やはり最後に公式戦をやらせてあげて、「高校野球をやり切るまでいかなくても、締めくくりの場を与えてあげたい」という考えからすぐに開催することを決定しました。

 大会会場は本来、愛知大会で使う予定だった球場を確保しておりましたので、学校のグラウンドではなく、球場で試合をやらせてあげたいと思っております。

各校の活動状況に合わせて、健康安全なトーナメントを

 愛知高野連に加盟しているのは189校と全国でも最多の規模ですが、トーナメントでの大会開催を考えております。

 しかし各校の再開時期がバラバラで、地域によって練習再開が遅い学校もあります。また学業の事情もありますので、すべての加盟校が万全を期して準備できるように、大会4日目などから登場させるなど、大会日程を配慮する予定です。

 やはり大会開催の条件は選手たちの健康・安全というものが第一です。そのため衛生面などに関しては現在、県内独自のガイドラインを作成しており、消毒液の確保など、とにかく健康安全を考えて準備を進めております。

今後の進路に向けて、いいきっかけとなる大会に

 20日に決定した甲子園の中止は、長期間の滞在や移動距離のことを考えると、やむを得ない判断だったかと思います。

 この決定後、県内の指導者の方々からは「独自大会を是非やってあげたい」という声が愛知高野連にたくさん届きました。

 ですので、今回の独自大会は3年生たちがそれぞれの進路に向けて、切り替られる良いきっかけになればと思っております。

(取材=栗崎 祐太朗/編集・構成=河嶋宗一)

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト
サーティーフォー保土ケ谷球場が7月1日から使用可能に!
緊急事態宣言解除を受け、社会人野球は6月6日にオープン戦解禁、7月1日から公式大会も実施可能

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第2回 東京の代替大会はどう開催されるのか?方向性や課題を 東京都高校野球連盟・武井克時理事長に聞く【独自の地方大会特集】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム