Interview

大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」

2020.01.11

 全国の球児が憧れる大阪桐蔭。そしてエリート揃いの大阪桐蔭の投手のエースの座をめぐって激しい争いが行われる。2020年のエースとして期待されるのが藤江星河だ。

 長崎県諫早ボーイズ時代はボーイズ世界代表を経験。大阪桐蔭入学後は1年秋にベンチ入りし、地道に積み上げ、2年秋には近畿大会準優勝に導き、左腕エースとしては田中誠也(立教大)以来の実力派だ。そんな藤江の歩みを振り返る。

大阪桐蔭に憧れ、レベルの高さを感じながらエースを目指してきた

大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 | 高校野球ドットコム
インタビューに応じる藤江星河(大阪桐蔭)

 長崎県・諫早出身の藤江が野球を始めたのは小学校2年生から。当時は親の仕事の都合で、鹿児島県の鹿屋に住んでおり、小学校3年に諫早に戻り、諫早ボーイズの小学部に所属。そのまま中学部に進むと、中学3年には最速133キロのストレートとキレのある変化球を武器に九州では指折りの投手となり、2017年ボーイズ世界代表に選ばれる。

 長崎県ではトップレベルの投手として、長崎県の強豪からのオファーが相次いだ。そんな中、藤江は全国制覇経験を持つ大阪桐蔭を選んだ。
 「自分が野球を始めたときから大阪桐蔭はいつも甲子園に出ていて憧れのチームでした。小さい時から行きたかったチームなので声がかかったときはうれしかったですね」

 藤江が1年生時には根尾昂(中日)、藤原恭大(千葉ロッテ)を中心とした春夏連覇のメンバーたち。ハイレベルな先輩たちを間近で見たのは大きかった。
 「本当にレベルが高い環境だと思いました。それでも自分が決めた道ですので、それを貫いて、やっていこうと決めていきました」

 そんな藤江は1年秋にして背番号19でベンチ入り。ベンチ入り人数が2人減る近畿大会でもベンチ入り。何をアピールしたのか。
 「バットの手元で強く伸びる、ベース盤で強く伸びるところが自分の特徴だと思うので、そこをアピールしていってベンチ入りすることができました」

 1年冬には、下半身中心に強化を行い、球威アップ。2年春の府大会では先発を任されることも多くなる。この大会で課題になったことは集中打を浴び敗れた近大附戦など終盤に打たれる傾向にあることだった。
 「良いところも悪いところも経験して、終盤まで集中したピッチングをすることが自分の課題となりました」

 2年夏はベスト8どまり。新チームでは練習試合で好投を続け、ついに背番号1を獲得する。

[page_break:秋は近畿大会準優勝に導くもまだまだ実力不足。この冬の取り組みは?]

秋は近畿大会準優勝に導くもまだまだ実力不足。この冬の取り組みは?

大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 | 高校野球ドットコム
藤江星河(大阪桐蔭)のチェンジアップの握り

 藤江は背番号1をもらった心境についてこう振り返る。
 「嬉しかったのですが、自分はそこからスタートだと思っていて大阪桐蔭の背番号1にふさわしい投手になりたいと思っていました」

 そのために、藤江は中学2年生から投げ続けてきたチェンジアップをさらに極めた。藤江のチェンジアップの握りを見せてもらうと、人差し指と中指を挟んでいる。この握りは試行錯誤の末、いきついたものだった。
 「最初はわしづかみをしていたのですが、全然うまくいかなくて、いろいろ試した結果がこの握りになったんです」

 そして前で離すことがポイントだ。
 「前で離すことで、打者にとっては距離感が短く感じられるのでそれはとても意識しています」

 また握りを浅くしたり、深くしたり、変化に幅をつけて、浅い時はゴロを打たせて取り、深く握るときは空振りを狙う。その使い分けはまるでフォークやスプリットのようだが、あえてチェンジアップと意識している。
 「投手コーチの石田コーチからスプリットみたいだといわれるのですが、スプリットと意識すると落とさないといけない意識になってしまい、自分的に感覚が合わないんです。だからチェンジアップにしています」

 そしてブルペンでも右打者、左打者の内角へ強く投げる意識も行った。強気の内角攻めとチェンジアップがうまくかみ合い、昨秋の公式戦で好投。明石商戦では来田涼斗にも内角攻めを行い、完投勝利。藤江にとっては会心の勝利だった。

 「この試合に勝てばセンバツがほぼ当確される状況。去年もベンチ入りさせていただいたのですが、近畿大会準々決勝と、あともう1つ負けてしまったので、勝つことを考えて投げていました。この試合を含めて、右打者の内角、左打者の内角に投げ切れていなかったのですが、そこに投げ切れたことが勝因だと思います」

大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 | 高校野球ドットコム
藤江星河(大阪桐蔭)

 ただ自分のストレート、コントロール、投球内容には満足していない。選抜までに最速145キロを目指し、日々のブルペン投球から工夫が見える。まずはキレのあるボールを投げるために、25メートル~30メートルの距離からストレートを投げ込む。
 「25メートルから30メートルの距離でも強いボールを投げれれば、マウンドからホームベースまでの距離である18.44メートルでも強いボールは投げられるので、そこは求めています」

 また藤江は自身のピッチングフォームの課題点として、軸足に膝が乗らないことを挙げた。
 「やはり軸足を乗せることでパワーが生まれるので、しっかりと軸足を捕手方向に向くことができれば、もっと力強いストレートが投げられると思います」

 そうした取り組みで目指すのは田中誠也(立教大)のような投球だ。
 「田中さんはものすごい速いストレートを投げるわけではないのに、空振りが奪えるのは憧れます。ああいう投球ができれば、選抜出場が実現した時、もっとチームに貢献できると思うので、これからも研究していきたいです」

 最後にこの1年の意気込みを語った。
 「選抜が実現するかもしれないですし、そうなれば、わくわく感がいっぱいで甲子園で投げたいです。チームを日本一に導ける投球をしたいと思います」

 地道に積み上げてきた2020年の大阪桐蔭エースは全国の舞台でも躍動なるか注目だ。

(取材=河嶋 宗一

大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 | 高校野球ドットコム

 春夏合わせて8度の全国制覇を果たし、いまや全国の高校球児、中学球児の憧れとなっている大阪桐蔭
 高校野球ドットコム編集部総出で、現役球児にも参考になる練習方法や選手の考え方など、徹底取材してきました!

 大阪桐蔭の強さ、選手たちの意識の高さを学び、2020年からのチームや自分のスキルアップにつなげていこう!

~予告~ 大阪桐蔭特集2020

1月10日(金)18:00配信
【動画】全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る

1月12日(日)12:00配信
藤江星河選手インタビュー記事

1月15日(水)12:00配信
仲三河 優太選手インタビュー記事

1月17日(金)18:00配信
【動画】関戸康介選手特集

1月18日(土)12:00配信
松浦 慶斗選手インタビュー記事

1月23日(木)12:00配信
「西谷浩一監督が語る一流選手になる条件」コラムにて公開!

1月24日(金)18:00配信
【動画】松浦 慶斗選手特集

1月27日(金)18:00配信
【動画】藤江 星河選手特集

1月31日(金)18:00配信
【動画】仲三河 優太選手特集

※配信日時は予告なく変更になる場合はございます。ご了承ください。

バックナンバー

12月23日(月)
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!

12月24日(火)
【コラム】3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!

12月25日(水)

【コラム】超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2


【動画】大阪桐蔭のボール回しを肌で感じる!覇気の強さがビンビン伝わる!

12月29日(日)

【コラム】ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開!


【動画】大阪桐蔭のトレーニングを公開!他にはない一味違った方法が多数!

12月30日(月)

【インタビュー】もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】

1月3日(金)

【動画】スペシャル編 大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」

1月6日(月)
【インタビュー】憧れは野茂英雄。世界一、日本一の投手になるために1分1秒を無駄にしたくない 関戸康介(大阪桐蔭)【後編】

高校野球ドットコムチャンネル

関連記事
他のインタビュー記事はこちら!
近畿大会準優勝を果たした大阪桐蔭の軌跡。チームがまとまりだしたのは履正社戦の直前!
第995回 超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!