Column

速い球の投げ方7

2010.10.25

殖栗正登のバランス野球学

速い球の投げ方72010年09月06日

今回は前回お話した力学的エネルギーの流れに対して、ボールの速さがどう関係しているかお話しようと思います。

■速い球の投げ方シリーズ バックナンバー

 「ピッチング動作のポイントって?」(速い球の投げ方1)
 「体幹の使い方」(速い球の投げ方2)
 「利き手の使い方・イップスの治し方」(速い球の投げ方3)
 「球速と指の関係」(速い球の投げ方4)
 「実戦 球速アップトレーニング」(速い球の投げ方5)
 「力学的エネルギーの流れを総復習」(速い球の投げ方6)

1:下降局面(ドロップ)

この局面では力学的エネルギーの大きい発生はなく、力まずに重力に任せて体を下降させることがポイントです。

2:上胴エネルギー増加局面(軸脚の蹴り)

軸脚の股関節のトルクが球速と相関性があり、下胴からのエネルギーの流れが大きいほど球速も速くなります。踏み込み脚は膝(ひざ)と股関節で下胴へのエネルギーを流入していますが、まだエネルギーの流れは小さいです。この局面での軸脚の使い方と上胴への流し方がスピードを上げることに対してポイントです。また、踏み込み脚における力学的エネルギーの流入は少ないです。

3:ボール速度減少局面(トップ)

この局面は大きいエネルギーの流れは多くありません。肩関節により上腕へ流れたエネルギーのみになります。しかし、上胴の前回旋の角速度が上がり始める準備の局面になります。


4:後期コッキング局面(最大外旋位)

上胴から上腕、そこから肘(ひじ)・手関節によって前腕・手へとエネルギーが伝達されるので、エネルギーと球速の相関性は高くなります。この時肘を上手に使うことがポイントになり、アーム式の投げ方はよくありません。

また、踏み込み脚の股関節による下胴へのエネルギーの流入は球速に高い相関性があります。球の速いピッチャーほど股関節が上方に移動しています。これは膝が十分に伸びているからです。後期コッキングのスタート時に膝と股関節を伸展させることがポイントになります。

5:加速局面

この局面では、すでに球速に相関性のあるエネルギーは後期コッキング局面で終えていて、後は力学的エネルギーを肩の内旋と肘の伸展でボールへ伝達しています。

次のページにて今回のコラムのおさらいをします。

このページのトップへ


まとめ

これらのことから、

ドロップからオフバランスにかけてリズムよく重心を下降させ、軸脚の股関節を中心にして一気に下胴、上胴へエネルギーを伝達して、トップに一気に進み、ここから上胴の回旋が始まりながら後期コッキングのスタート時に踏み込み脚の引き込みと肘をうまく使いながらエネルギーを伝達させ、加速期の肩の内旋、肘の伸展でスローイングをする必要があります。

今上げたポイントが出来ているほど球速が速い投げ方となります。指導者および選手の方はぜひこれらのことをポイントにしてフォーム作りを行って頂ければと思います。

また実際フォームを作るとき、股関節の固いピッチャーはドロップアンドドライブ[mobile](軸脚を深く曲げて体重移動で膝を伸ばし、一気に加速するフォーム)[/mobile]のフォームは難しいので、トールアンドフォール[mobile](上から落ちるように投げるフォーム。踏み込み脚に体重をのせて投げる)[/mobile]のフォームにして、ドロップからのオフバランスにかけての強い軸脚の伸展を避けて、接地後の内転トルクを意識したフォームが良いでしょう。

歩巾の狭いフォームになりますが、指導者の方はここを考慮して画一的なフォームにならず、個性を見ながらフォームを作って頂ければ幸いです。

このページのトップへ

[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【春季東京都大会】東海大菅生が盤石の投手リレーで準々決勝進出!前半投手戦を繰り広げた錦城の健闘光る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>