チーム転換期の宿命か。横浜が衝撃のコールド敗退

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.21

万波中正(横浜)

チーム転換期の宿命か。横浜が衝撃のコールド敗退

 昨日、9月20日。秋季神奈川県大会の準々決勝で、横浜鎌倉学園相手に痛恨のコールド負けを喫した。鎌倉学園は、チーム1つとして強豪・横浜に攻めていく姿勢があったのは事実だが、横浜の投手陣が計15四死球を与えてしまった、いわば自滅のような面が大きかったのもまた事実だ。

 横浜のコールド負けは、2014年・秋3回戦の慶應義塾戦以来になる。同じく2014年の春季関東大会では、茨城の霞ヶ浦にも2対9でコールド負けを喫し、これが1970年春(神奈川工戦)以来となる44年ぶりのコールドだったために、これに続く年間2度目の苦杯の一報は、高校野球ファンを大きくざわつかせた。

 この2014年秋のコールド負けは、横浜の名コーチとして長年活躍した小倉 清一郎氏の退任直後のいわばチーム転換期であった。渡辺 元智前監督との二人三脚でチームの栄光を築いてきた、まさに名参謀というべき存在が抜けた影響は、大きかった。

 そして渡辺前監督も、2015年夏の終了と同時に勇退。その後釜として就任したのが平田徹監督だ。周知の通り、平田監督政権下でも、2016年夏、2017年夏と2年連続の甲子園出場を果たし、素晴らしい結果を残しているが、16年は2回戦で履正社に敗れ、今年は1回戦で秀岳館の前に屈している。いずれも超強豪相手のいわば注目カードだったといえ、全国屈指の強豪・横浜としては、多少の物足りなさも感じさせた。そうして起こったこの秋のコールド負け。

 今年は1年生から経験を積んできたU18代表の増田 珠、主将・福永 奨がいないことが大きく響いている。この2人はリーダーシップを発揮して、チームをまとめ、もりあげたりするなど、チームが勝つために何ができるのか?それを熟知して、先頭となって、チームはまとめてきた。この夏、藤平 尚真のような絶対的なエースがいなくても、甲子園出場できたのは精神的支柱だった2人の存在が大きかったといえる。

 今年は万波 中正長南 有航といった大型選手は残るも、まだチームとしては成熟していないことを印象付けた。選手の能力の高さが、必ずしも実績に結びつくわけではない。選手たちはそれを強く感じたはずだ。この代は平田監督が就任してから、初めて迎えた新入生で、ずっと平田監督の指導スタイルに揉まれてきた選手たちなのである。

 この秋は平田監督、選手たちにとっては勝負をかけた大会だった。結果は屈辱のコールド負け。来年は100回大会を迎える記念の年。名門・横浜はチームとして大きな転換期を迎えようとしている。

【関連記事】
ホークス3位指名の増田珠(横浜)は、「松田選手の跡を継ぐ」! 【ニュース - 高校野球関連】
増田 珠(横浜)は福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受ける! 【ニュース - インタビュー】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第128回 今年の高校生野手はビッグ4に注目だ!4人に続く好野手は?【ドラフト特集】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
第125回 【2017年ドラフト】 1年夏からレギュラー!増田珠の3年間の歩みを年表でチェック!【ドラフト特集】
第75回 横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第108回 【2017年ドラフト】 注目選手メモリアルギャラリー 『増田珠(横浜)編』【ドラフト特集】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
横浜vs南【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
増田 珠(横浜) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る