2017年09月20日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

鎌倉学園vs横浜

2017年秋の大会 神奈川県秋季大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

チームとして戦えた鎌倉学園 チームとして戦えなかった横浜



サイクル安打を記録した新倉(鎌倉学園)

 鎌倉学園の攻撃力の高さが際立った試合だったが、同時に横浜は大きな宿題が見つかった試合となった。

 横浜は1回表、二死二、三塁から5番長南 有航が左翼線を破る適時二塁打で2点を先制。先手を取った横浜だが、先発の及川 雅貴が不安定な投球。先頭打者に四球を与え、一死二塁から3番新倉の左前安打、4番松丸の四球で一死満塁のチャンスを作ると、5番中野雅大がストレートを打ってレフトスタンドへ飛び込む満塁本塁打で逆転に成功。2回表、横浜は一死二塁から9番河原木 皇太の適時打で1点を返す。

 しかし3回裏、3番新倉 将大が135キロのストレートをたたいて、レフトスタンドへ飛び込む本塁打で1点を追加。このホームランで及川は動揺が見えていた。及川は下半身主導のフォームから、回転数の高い140キロ前半のストレートを投げ込む左腕。速球の切れ、切れ味は、1年生ではずば抜けており、NPBのスカウトも惚れ込む素材。及川には甲子園で見せてくれた快投を期待したくなるが、今回の及川は自分の良さを表現することができなかった。ストレートは常時130キロ前半がほとんど。変化球は128キロも計測するカットボール、120キロ台のスライダー、100キロ台のカーブを投げていたが、肝心のストレートが垂れ気味で、甲子園で見せたベース手元でぐっと伸びていくようなストレートを投げることができなかった。変化球は綺麗なフォーシームがあってこそ生きるが、それが投げられなければ勝負にならない。

 及川はさらに、押し出し四球を与えたところで交代。2番手には右サイドの黒須 大誠が登板。黒須も、4回表、3番新倉に適時打を浴び、4回まで7失点。5回裏、鎌倉学園は二死から1番西山の左中間を破る適時二塁打で1点を追加。ここまでの試合展開を振り返ると、鎌倉学園の積極的な攻撃が目立った。ファーストストライクから打ってくる選手が多く、しっかりとコンタクトして、外野の間を抜く打球を打てているのが素晴らしい。鎌倉学園の打者で目立つのは、しっかりと自分の間合いで打てていること。またボールをしっかりとコンタクトできるようにするために、距離感をしっかりと保って、打席に立っている打者が多いことだ。そしてスイングを見ると、小回りが利いていて、最短距離でボールをとらえることができるので、速球、変化球に対しても合わせることができており、対応力が高い打者が多かったのは横浜投手陣にとっても驚きだったに違いない。

 しかし6回表、横浜は二死から1番山崎、2番小泉の連続タイムリーで3点差す速球は常時135キロ前後(最速136キロ)を計測しており、角度・球威を兼ね備えたストレートは将来性抜群。来年夏には、140キロ台も期待できる逸材ではないだろうか。その大浦の前に横浜打線は苦しみ、7回表には無得点で終わったが、8回表、横浜は一死満塁のチャンスを作り、3番齋藤大輝がストレートを打って左中間を破る適時三塁打で同点に追いつく。

【次のページ】 鎌倉学園vs横浜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
名門・横浜の4番!増田珠の3年間を年表でチェック! 【ニュース - コラム】
第125回 【2017年ドラフト】 1年夏からレギュラー!増田珠の3年間の歩みを年表でチェック!【ドラフト特集】
横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」 【ニュース - コラム】
第75回 横浜(神奈川)編「3回連続となる記念大会出場を目指す横浜のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
慶應義塾vs鎌倉学園【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜隼人【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜商大高【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs弥栄【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第25回 【動画インタビュー】増田珠(横浜・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
横浜商vs鶴見大附【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第582回 2016年U-18代表の現在地 高いレベルでも実力を発揮する投手陣 レベルアップを期待する野手陣【大会展望・総括コラム】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
第429回 横浜高等学校 藤平尚真選手 「剛腕を支える腕の振りの強さ」  【2016年インタビュー】
鎌倉学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る