印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第105回 ミズノバットマイスター 名和 民夫 さん2012年07月24日

 一本の木から人間の手によって生み出される木製バット。一口にバットといえども、それに対する選手のこだわりは様々なものがある。その希望を忠実に作り上げるバット職人の一人、名和民夫さん。

 「これでいい」というバットはなく、未だに不安が多いというが、プロ野球選手、自らの師である久保田五十一名人などの言葉、経験によって培った引出しを強みに、バットを一本一本、プロ野球界に送り出している。

 そんな名和さんにバットを作る上でのポイント、選手のバットに対する愛情エピソードなどを伺った。

[WEB MAGAZINE]職人特集 第四章 ミズノバットマイスター 名和 民夫 さん

(文・編集部)



この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

インタビュー