印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第105回 ミズノバットマイスター 名和 民夫 さん2012年07月24日

 一本の木から人間の手によって生み出される木製バット。一口にバットといえども、それに対する選手のこだわりは様々なものがある。その希望を忠実に作り上げるバット職人の一人、名和民夫さん。

 「これでいい」というバットはなく、未だに不安が多いというが、プロ野球選手、自らの師である久保田五十一名人などの言葉、経験によって培った引出しを強みに、バットを一本一本、プロ野球界に送り出している。

 そんな名和さんにバットを作る上でのポイント、選手のバットに対する愛情エピソードなどを伺った。

[WEB MAGAZINE]職人特集 第四章 ミズノバットマイスター 名和 民夫 さん

(文・編集部)



この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

名和民夫 さん
名和民夫 さん
  • 生年月日:1967年2月28日
  • 出身地:岐阜県
  • 1985年ミズノ入社
【関連記事】
第11回 オススメの練習着パンツ履き比べ! キミに合う練習着パンツはどっち?!【特集コラム】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
第21回 気になる用具を徹底取材!<GEハイストIQ(ミズノ社製)編>【野球総合研究所】
第233回 話題のスパイク【開発秘話】を調査 GEハイストIQ・ミズノプロCQ 鷲見将成さん 【2014年インタビュー】
第11回 18Uの日本代表メンバーからみる用具トレンド【野球総合研究所】
第10回 夏の選手権大会からみるグラブトレンド【野球総合研究所】
第101回 ミズノスパイクマイスター 春名 明弘 さん 【2012年インタビュー】
第76回 ミズノ株式会社 石塚裕昭さん 【2011年インタビュー】
第43回 ミズノスポーツ事業部 岸本 耕作さん 【2010年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー