印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第92回 東海大学甲府高等学校 高橋周平選手2012年02月27日

 2011年、高校生野手の中でも“トップレベル”と評され続けた高橋 周平東海大甲府)。高校通算本塁打は71本を記録。持ち前のパワーバッティングで、主軸としてチームを牽引した。

 しかし、甲子園には三年間で一度も立つことが出来なかった。昨秋のドラフトで、中日から1位指名を受けた高橋が今、感じている思いとは?高校3年間の思い出とともに、語っていただきました。

■関連記事
2011年度版 高校生ドラフト特集(上)
2011年度版 高校生ドラフト特集(下)

【目次】
[1]記憶に残る本塁打を語る
[2]遠かった甲子園、そしてヒーローの残像
[3]高橋周平が目指す選手像とは?


特集 シーズンインまで突っ走れ

記憶に残る本塁打を語る

"恩師から貰ったバットで打った本塁打"

――これまで、高校通算71本塁打を打ってきた高橋選手ですが、最も記憶に残っている一本は、どの本塁打ですか?

高橋選手(以下「高橋」)  最後の71本目ですね。AAAアジア選手権の時の決勝で、韓国戦の時に打ったホームランです。ホームランを打ったこの2打席目からバットを変えたのですが、これが自分の恩師の一人であるコーチから頂いたバットだったので、ドラマチックっていうのもあって、一番記憶に残っていますね。東海大甲府に進学したのも、そのコーチの存在があったからっていうのもあったので。

――東海大甲府に入学したときは、どんな目標を持っていたのですか?

「高橋」  甲子園に行くことですね。プロに入りたいというよりも、甲子園への思いが強かったです。もちろん、プロに行きたいという気持ちは持っていましたが、その思いが強くなったのは、2年の春の関東大会が終わったあたりからですね。

――その頃から、すでにドラフト候補として注目を集めるようになっていましたが、当時は不調で苦しんだ時期というのもあったのでしょうか?

「高橋」  そうですね。注目されるようになってから、結果を出さないとっていう気持ちがあって、そのプレッシャーが辛かったですね。それに、甲子園の舞台にも立っていないのに「No.1」と言われるのは、複雑というか、本当に自分が「No.1」で良いのかな?とは感じていました。

――そんな戸惑い(とまどい)を払拭した出来事はあったのでしょうか?

「高橋」  やっぱりAAAアジア選手権でホームランを打ててMVP(大会では13打点を記録)を頂けたので、少しはそれらしい所を見せられたかなって。

【次のページ】 遠かった甲子園、そしてヒーローの残像

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

伊藤拓郎
高橋周平(たかはし しゅうへい)
  • 生年月日:1994年01月18日
  • 180cm、85㎏、右投左打
  • 東海大甲府高等学校
  •  高校通算71本塁打を記録するなど、その素質に多くの注目が集まった。AAAアジア選手権では13打点を叩き出し、MVPも受賞。2011年ドラフトでは中日から1位指名を受ける。
【関連記事】
第43回 全国レベルの東海大甲府に食い下がる山梨学院、日本航空などに甲府工も健闘(山梨)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第30回 岡田 俊哉投手(智辯和歌山-中日ドラゴンズ)「高卒プロ入りを目指してから別人になった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第466回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」・前編 【2016年インタビュー】
第62回 【どこよりも早い!ドラフト2017】 2017年はスラッガーの年だ!清宮 幸太郎、安田 尚憲など大暴れを期待したい逸材たち【ドラフト特集】
第35回 野球ノートに書いた甲子園4 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第13回 10連覇狙う聖光学院!初出場目指す出雲と大村工!24日は9地区で甲子園出場校決定!【夏の大会特集2016】
第401回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【後編】「練習では緊張して、試合では気楽に小技を決めよう」 【2016年インタビュー】
第400回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【前編】「バント成功の秘訣は『間』と『コース』」 【2016年インタビュー】
第379回 東海大学付属甲府高等学校 菊地 大輝投手「努力した姿を結果で証明したい」 【2016年インタビュー】
第344回 徳島インディゴソックス 吉田 嵩投手「『探究』を継続し、NPBへの道開く」 【2015年インタビュー】
高橋 周平(東海大甲府) 【選手名鑑】
東海大甲府 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー