第669回 島田 直哉(龍谷大平安)甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意2018年04月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]島田直哉が龍谷大平安を選んだ理由
[2]甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意


 甲子園出場回数全国最多の73回を誇る龍谷大平安。そのチームでエースを務めるのが最速148㎞の速球を武器とする本格派右腕の島田 直哉だ。これまでに甲子園出場経験はないが、近畿でも屈指の好投手である。今回は島田投手にこれまでの野球人生や練習での取り組みを伺った。

島田が龍谷大平安を選んだ理由


島田 直哉(龍谷大平安)

 

――野球を始めたきっかけは何ですか?
島田 直哉選手(以下、島田) 3歳上の兄が野球をしていてその影響で自分も始めてみたいと思うようになりました。小学1年生から始めましたが、その前から兄のチームのグラウンドに行って体験させて頂きました。当時はピッチャーとキャッチャーを兼任していました。

――中学時代はどんな選手でしたか?
島田 中学2年生の秋までは衣笠中学校の野球部でしていましたが、2年生の冬から京都シニアに行きました。当時の球速は128㎞でしたが、キャッチャーが僕のボールを捕れなくて移籍しました。ちょうど硬式に転向するいい機会かなとも思いました。

――軟式と硬式の違いは感じましたか?
島田 最初は縫い目のかかり方が違っていましたが、自分は硬球の方が投げやすかったのであまり苦労した面はなかったですし、自分は手も大きい方なので苦しんだところはなかったです。中学最後の時点で球速は137㎞まで伸びました。

――龍谷大平安を選んだ理由は何でしたか?
島田 京都での強豪校と言えば龍谷大平安でしたし、高橋 奎二さん(ヤクルト)が甲子園で投げておられる姿を見てカッコいいなと思い、自分も龍谷大平安のユニフォームを着て甲子園で活躍したいと思いました。中学3年生の春には龍谷大平安を志望しました。

――龍谷大平安の野球部に入部して感じたことは何ですか?
島田 アップが色んな種類があり、体を鍛えるところです。ブリッジで歩くのが最初はできなかったのですが、やっていくにつれてできるようになってきました。そのおかげで肩関節が良く動くようになって腕がスムーズに振れていくようになってきたと感じました。

――原田英彦監督は1年生の時の3年生はおっさんに見えたと仰ってましたが、島田投手から3年生はどのように見えましたか?
島田 3年生の代は入学する前のセンバツに出られていて凄くオーラがありました。同じ高校生に思えなかったです。

【次のページ】 甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

島田 直哉
島田 直哉 (しまだ・なおや)
  • ポジション:投手
  • 身長:185 センチ77キロ
  • タイプ:右投右打
  • 衣笠中学-京都シニア
【関連記事】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第156回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.2 「湯浅麗斗、松田 憲之朗、芳賀大成」【ドラフト特集】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第675回 松田憲之朗(龍谷大平安)「平安のDNAを受け継ぐスラッガー。目指すは甲子園100勝」 【2018年インタビュー】
第478回 龍谷大平安「100回大会で節目の甲子園100勝を!」【野球部訪問】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
第549回 岡田 悠希(龍谷大平安)「京都のホームランアーチスト!覚醒のカギは『頭脳と肉体の同化』」 【2017年インタビュー】
第281回 中央大学 河合 泰聖選手(龍谷大平安出身)【後編】「人は、自分よりも他人のためになると力を発揮する」 【2015年インタビュー】
第280回 中央大学 河合 泰聖選手(龍谷大平安出身)【前編】 「センバツ優勝キャプテンの本音」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー