第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」2017年05月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

小野大夏(健大高崎)

 持ち前の機動力で全国的な強豪となった健大高崎。その健大高崎から最速145キロの速球を投げる右腕がいる。その名は小野 大夏。1年生10月から新チームまで捕手をやっていた小野は新チーム後から投手に専念し、145キロまでを投げるまでへ成長。この選抜での登板の経験が現在の活躍につなげている。

捕手経験がスピードアップの秘訣に

 高南中は軟式でプレーしていた小野。入学から肩の強さには自信があり、130キロ台の速球を投げることができていた。転機となったのは1年10月からの捕手転向だった。肩の強さとチーム事情により捕手となったが、「捕手転向して取り組んできた練習や下半身強化が大きかった」と語るように、2年秋には最速145キロまで到達。公式戦登板は4試合登板に終わったが、対外試合では防御率0.84、64イニングで95奪三振の快投を見せている。こうして自信を持って臨んだ選抜大会では3試合に登板。選抜では、「速球だけでは通用しない世界だなと思いました。そして自分のコントロール、変化球の精度の低さを実感しました」

 選抜後では変化球の精度向上や、制球力強化に着手。また先発する機会も増えた。青柳博文監督は、「今までは短いイニングが中心でしたけど、先発として投げられるようになれば、チームとして大きいので」と起用の意図を話す。県大会では先発として実績を残した小野は、大事な関東大会(石岡一戦)での初戦を任される。

 小野は2回表の三者連続三振など7奪三振。「ストレートの勢いもありましたし、投げてきたフォークをしっかりと使うことができて良かったです」とストレートとフォークのコンビネーションが冴えわたり、そして磨いてきたツーシームでしっかりと内野ゴロを打たせるができた。6回まで被安打1と安定感抜群の内容を残した。

 青柳監督も「小野は丁寧なピッチングでしっかりと試合を作ってくれました」と快投をたたえた。

 夏へ向けての課題として小野は「ストレートのスピードを上げることですね。先発をやってきて、変化球もコントロールもだいぶ良くなってきました。でも、先発をやっても力で押せる投球もできるようになりたい」
それはリリーフ登板時の球速を先発でも出したいということだろう。力で押す、あるいは技でかわすピッチングができれば、もっと活躍できる機会が増えるはず。一時、捕手を務めたことがある変わり種の選手が、ラストサマーで飛躍の時を迎えている。

(文=河嶋 宗一

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

おの だいな
小野大夏(おの・だいな)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:177センチ75キロ
  • ■選手名鑑
    小野 大夏
【関連記事】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第443回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「機動破壊の到達点はまだ見えない」【Vol.4】【野球部訪問】
第436回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「選手、スタッフのコンビネーションで生まれたホームスチール」【Vol.3】【野球部訪問】
第433回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「機動破壊は打つチームほど完成に近づく」【Vol.2】【野球部訪問】
第7回 健大高崎(群馬)葛原美峰コーチ流ゲームプラン立案メソッド 「隙間の無いチームは確率と密度で勝負する」【Vol.3】【名将たちの言葉】
健大高崎vs石岡一【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
健大高崎vs福井工大福井【第89回選抜高等学校野球大会】
健大高崎vs札幌第一【第89回選抜高等学校野球大会】
第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手 【2014年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
小野 大夏(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー