第580回 甲子園で涙したミレニアム世代の投手たち この悔しさは来年で晴らす2017年08月26日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から柿木(大阪桐蔭)、万波(横浜)、市川(明徳義塾)、戸田(東海大菅生)

 第99回全国高等学校野球選手権は、花咲徳栄の優勝で幕が閉じた。来年は第100回大会を迎えるということもあって、例年以上に2年生は「ミレニアム世代」として注目を浴びている。今回は投手、野手に分けて、来年期待の選手を紹介したい。

 今年は才能豊かな投手が多く現れたが、その多くが「潜在能力の高さを証明しながらも悔しい負け方をしている」という点である。その代表格が大阪桐蔭柿木 蓮だろう。柿木が甲子園で魅せたピッチングは掛け値なしに素晴らしかった。1学年上の徳山 壮磨は実戦的なフォーム、球筋だが、柿木は躍動感あふれる投球フォームから繰り出すストレートは破壊力抜群。130キロ近いスライダーも魅力で、来年には150キロ越えも期待できるのではと思わせるポテンシャルの高さがあった。順調にいけば、来年のドラフト候補となるだろう。しかしその柿木は仙台育英戦でサヨナラ負けを喫した。完封勝利まであと1人に迫りながらの敗戦はかなり悔しいものがあったはず。逆にこの敗戦が柿木を大きくさせるのではないかと信じている。

 またベスト4の東海大菅生戸田 懐生もいかにも強気な顔立ちした投手で、猛々しい投球スタイルで立ち向かっていく投球は見事だった。171センチと小柄とはいえ、常時140キロ前後のストレートは威力抜群。130キロを超える縦スライダーの精度も魅力だった。投球の基礎はほぼ出来上がっているので、自分の器をどう大きくするのか、排気量をどう高めていくのかを追求してほしい。準決勝・花咲徳栄戦で8回表に2失点した経験を成長のきっかけにしてほしい。

 準優勝の広陵は、2年生右腕・森 悠祐のピッチングが目を惹いた。力強い腕の振りから投じる常時140キロ中盤・最速147キロのストレートはエース・平元 銀次郎よりも威力があった。しかし成績は芳しくなく、1.1回を投げて、自責点5と悔しいピッチングに終わった。その森に、中井 哲之監督は、ある温情を見せた。決勝戦の9回表、二死。中井監督は森をマウンドに送った。相手は3番西川 愛也花咲徳栄が誇る強打者相手に森は全力投球。最後はスライダーで空振り三振に打ち取った。これが甲子園唯一の三振だった。それまで打たれた悔しさと最後で三振に奪った自信を糧にして、今度は森で甲子園に導けるエースになってほしい。

 来年は北信越地区の投手が面白い。最速148キロ右腕・鈴木 裕太日本文理)、最速145キロ右腕・大橋 修人日本航空石川)、最速142キロ右腕・直江 大輔松商学園)、最速148キロ左腕・山田 龍聖高岡商)と目白押しだ。しかし4人とも打たれた。鈴木は、2イニングで無失点。最速145キロを計測したものの、ボールが高めに浮いて、回転数が欠けるストレートとなっており、打者からすれば打ちやすいストレートとなっていた。スケールを失わせず、実戦力を付けることが課題だろう。大橋は、上半身、下半身が連動された投球フォームから繰り出す140キロ前半のストレートは、キレがあり、スライダーの切れも良かった。しかし登板した8回表は無失点に抑えたものの、9回表はエラーが重なり、3失点とほろ苦い甲子園デビューとなった。この経験を糧に、さらなる成長を見せることを期待したい。

 直江は投球フォームのバランスが良く、回転の良いストレート、カーブは見ごたえがあった。まだ細身で体ができてくれば、それに応じてストレートの球質、球速も上がってくるタイプといっていいだろう。しかし登板した盛岡大附戦では、2.2回を投げて2失点と悔しい結果に終わった。全国レベルの打線と対戦した経験は直江によって大きな経験になったことは間違いなく、秋の大会に活かすことができるか。

 山田は、力任せのフォームとなり、140キロ中盤出ていたが、ボールが高めに浮いてしまい、大量失点のきっかけをつくってしまった。まさに未完の大器で、高校2年生ながら常時140キロ台叩き出せる投手はそんなにいない。甲子園の反省から、ほぼ打たれない左腕へ成長するのか、注目していきたい。

【次のページ】 甲子園で涙したミレニアム世代の投手たち この悔しさは来年で晴らす(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第9回 香川県から発信する「高校野球200年構想」【四国発】
第718回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第498回 近大附(大阪)【前編】「エース頼みのチーム脱却へ 自ら動いた選手たち」【野球部訪問】
第703回 夏のセンターポジションへ!「ガチの」大阪桐蔭に香川の4校が挑む!【大会展望・総括コラム】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
愛知産大三河vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第708回 徳山壮磨(大阪桐蔭ー早稲田大学)「大阪桐蔭のエースへ。努力を継続した3年間」 【2018年インタビュー】
大垣日大 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
コメント (1)
内野2017.08.26 ベリーグットマン
波佐見高校の内野君のホームランはごつかった

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム