第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?2016年07月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]花咲徳栄の対抗馬は西武文理か?
[2]古豪・上尾は厳しいブロックに そして1回戦屈指の好カード・山村学園vs川越東に注目!

 6月24日、さいたま市民会館おおみやで行われた抽選会の結果、草加高校・須賀 智也主将の選手宣誓で開幕することが決まった埼玉大会。組み合わせが決まった今でも、今大会は花咲徳栄浦和学院の二強が中心となり大会が進むことに変わりはないが、改めて組み合わせをA・Bシードの4ブロックごとに見ていくこととする。

■こちらもおススメ
【今年を代表する花咲徳栄、浦和学院の二強の戦力を徹底紹介!】
【上尾、山村学園、聖望学園などの有力校は浦和学院・花咲徳栄を阻むことができるか?】
■組み合わせ表を見ながら展望を読んでみよう
【第98回埼玉大会組み合わせ表】

花咲徳栄の対抗馬は西武文理か?

岡崎 大輔(花咲徳栄)

 まずは、初戦桶川西との対戦が決まった今大会の本命・花咲徳栄のブロックだが、花咲徳栄サイドから見るとある程度計算の立つブロックとなった。とはいえ、気になるチームは存在する。まずは、順当に行くと4回戦で好投手・今野 雄介投手擁する入間向陽、5回戦で2年生右腕・小向 直樹擁するDシード桶川の挑戦を受ける。

 ベスト8でぶつかる相手は、好投手・堀越 将郎擁し、機動力もあるCシード・西武文理、強肩ショート中島 義広を中心としたセンターラインが堅いDシード・大宮西市立川口などがいる混戦ブロックなだけに、どこが勝ち上がってくるか不透明だが、花咲徳栄とすれば昨夏も戦っており、練習試合で敗れている西武文理が勝ち上がってくると厄介な存在となるであろう。

 ただし、花咲徳栄にとって懸念材料であったエース高橋 昂也の背中の怪我も癒え、岡﨑 大輔も状態が戻ってきた。春4番の西川 愛也は夏までに間に合うか不透明だが、元々4番であった隈本 達也が復調するなど万全の状態で夏を迎えるだけに花咲徳栄のベスト4進出は堅いであろう。

 一方、昨秋今春と県で連覇し、今季県内無敗で3年振りの夏の甲子園を目指す浦和学院のブロックだが、昨年の組み合わせと比べるとやや厳しいブロックとなった。順当に行くと4回戦で2年生左腕メンディス 海擁する市立川越、5回戦ではDシード正智深谷の挑戦を受ける。ベスト8でぶつかる相手は、強打のCシード・聖望学園が濃厚だが、このブロックはDシード・好投手・遠藤 稔擁するふじみ野、好左腕・唐沢 裕貴を擁し打線も活発な西武台、他にもサイドハンドの岩瀬 晴樹擁する昌平、旧チームから投げている馬場龍大、権藤 聖人を擁する粘りの本庄第一、他にも早大本庄など難敵ひしめく激戦ブロックである。

 聖望学園もうかうかしてはいられない。この中で浦和学院サイドからすると、嫌な相手というのは過去に敗戦経験のある聖望学園本庄第一になるが、ふじみ野の遠藤や昌平の岩瀬も相手が浦和学院であれゲームをロースコアにまとめる能力はある。聖望学園浦和学院に直近の5年ほど勝てていないが、今年のチームは浦和学院ともノーガードの殴り合いを挑める打力を持っている。いずれにせよ、浦和学院にとってベスト8は一つの関門となるであろう。

このページのトップへ

【次のページ】 古豪・上尾は厳しいブロックに そして1回戦屈指の好カード・山村学園vs川越東に注目!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 全国優勝の花咲徳栄(埼玉)の女子マネに直撃!支える立場でも野球部の理念「全員野球」を忘れずに!【頑張る!マネージャー】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第124回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第120回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【前編】【僕らの熱い夏2017】
中央学院vs花咲徳栄【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
國學院栃木vs市立川越【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
第424回 中村 勝 (春日部共栄-北海道日本ハムファイターズ) 「気持ちを強く、チームが一つに」 【後編】 【2016年インタビュー】
第423回 中村 勝 (春日部共栄-北海道日本ハムファイターズ) 「僕がグラブに込めた思い」 【前編】 【2016年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
今野 雄介(入間向陽) 【選手名鑑】
岩瀬 晴樹(昌平) 【選手名鑑】
大道 温貴(春日部共栄) 【選手名鑑】
岡﨑 大輔(花咲徳栄) 【選手名鑑】
海崎 雄太(埼玉栄) 【選手名鑑】
唐沢 裕貴(西武台) 【選手名鑑】
隈本 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
小向 直樹(桶川) 【選手名鑑】
菅原 隆史(大宮東) 【選手名鑑】
関谷 将貴(春日部共栄) 【選手名鑑】
高橋 勇翔(川越工) 【選手名鑑】
鶴見 駿(埼玉栄) 【選手名鑑】
西川 愛也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
三上 ケビン(叡明) 【選手名鑑】
宮崎 颯(埼玉栄) 【選手名鑑】
メンディス 海(市立川越) 【選手名鑑】
米倉 貫太(埼玉栄) 【選手名鑑】
上尾 【高校別データ】
朝霞 【高校別データ】
入間向陽 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
浦和実 【高校別データ】
叡明 【高校別データ】
大宮東 【高校別データ】
桶川 【高校別データ】
桶川西 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
春日部東 【高校別データ】
市立川口 【高校別データ】
川越工 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
川越東 【高校別データ】
久喜北陽 【高校別データ】
越ヶ谷 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】
大宮西 【高校別データ】
埼玉平成 【高校別データ】
栄北 【高校別データ】
狭山ヶ丘 【高校別データ】
正智深谷 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
西武文理 【高校別データ】
西武台 【高校別データ】
聖望学園 【高校別データ】
草加 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
ふじみ野 【高校別データ】
星野 【高校別データ】
本庄第一 【高校別データ】
松山 【高校別データ】
山村学園 【高校別データ】
山村国際 【高校別データ】
立教新座 【高校別データ】
鷲宮 【高校別データ】
早大本庄 【高校別データ】
蕨 【高校別データ】
コメント (2)
大宮東2016.07.14 粘り勝ち
ピッチャーに不安有。但し、継投が上手くいけばベスト4までは十分にある。バッターは3、4、5番の前にランナーを出せるかが鍵。
必勝2016.07.12 まちゃみ、
花咲徳栄 高橋昴也の好投が見たいです

コメントを投稿する

プロフィール

南英博
南 英博
  • 生年月日:1977年7月13日
  • 出身地:埼玉県出身
  • ■ 大学卒業後、SEからフットサル雑誌の編集を経て2007年よりフリーライターにという異色の経歴。
    一念発起し2010年から野球の道へ。埼玉県を中心に関東の高校野球を取材する。
  • ■ ネットでは『高校野球ドットコム』、書籍では『週間サッカーダイジェスト』(日本スポーツ企画社)、『フットサルナビ』(白夜書房)、に寄稿。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム