野球部訪問 第58回 龍谷大学付属平安高等学校(京都)

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第58回 龍谷大学付属平安高等学校(京都)2012年02月15日

【目次】
[1]2月の時期のモチベーションを高めるために
[2]プロ入りしたOBが取り組んだ高校時代の冬トレーニング
[3]冬に腹をくくって鍛錬できるかが分かれ道


特集 シーズンインまで突っ走れ

2月の時期のモチベーションを高めるために

向上

"自分で考える力をつけて欲しい(原田監督)"

 この冬一番の寒波の影響で、グラウンドには小雪が舞っていた。だが、その冷えきった空気を引き裂くような力のこもった指揮官のノックボールが、勢いよく放たれていた。
 熱血な指導で知られる原田英彦監督は、チームを率いて来年で20年になる。「自分も平安ファン」と公言するほど母校を愛し、厳しくも、この上ない熱情を指導にたっぷり注ぎ込んでいる。

 龍谷大平安高。春は36回、夏は31回の甲子園出場を数える、言わずと知れた全国屈指の伝統校だ。普段は学校が位置する京都市下京区からバスで40分ほど離れた京都府亀岡市のグラウンドへ移動するのだが、冬季の12月中旬から2月の約3ヶ月間はグラウンドが低温で凍結するため、学校のグラウンドでの練習となる。

「学校での練習は中学の軟式野球部も含め、他の部活動と一緒になります。軟式野球部とはグラウンドや室内練習場をローテーションで回すので、冬場は原則的に打撃練習はできません。ですので、今はランニングや基礎練習が中心になります。でも、最近の子は同じメニューを繰り返すとすぐに飽きてしまうので、曜日ごとにメニューを細かく入れ替えるなどして工夫するようにしています」(原田監督)

 この日は学校でのノック中心の練習だったが、冬季の練習はシーズン中に比べて密度の濃い反復練習が多い。ただ走る、筋力トレーニングをする、だけでは惰性になり、目標も失いがちになる。そこで考えたのが、指揮官の社会人時代の経験を踏まえた“日替わりメニュー”だ。

「日本新薬で営業職をこなしていた頃なのですが、土日が休みで、“さあ1週間頑張るぞ”という月曜の朝に、いつも長々とミーティングがありました。週の最初からその流れになると、もう、ドッと疲れてしまうんです。練習でも同じ。月曜日は原則的に全体練習が休みで、週の中で一番動きが悪いのが火曜日。そこにいきなりノックの雨だと疲れて以降のモチベーションにも繋がるので、週の中で細かくメニューを組むようにしました」

【次のページ】 プロ入りしたOBが取り組んだ高校時代の冬トレーニング

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
京都翔英vs龍谷大平安【京都府 2017年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs西城陽【京都府 2017年夏の大会 第99回選手権京都大会】
第508回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」京都編【大会展望・総括コラム】
第549回 岡田 悠希(龍谷大平安)「京都のホームランアーチスト!覚醒のカギは『頭脳と肉体の同化』」 【2017年インタビュー】
第487回 明日近畿開幕!大阪桐蔭は智弁和歌山と対戦!各試合の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs綾部【京都府 2017年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs立命館【京都府 2017年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第476回 5月4日の注目カードは!?専大松戸vs千葉敬愛に注目!【大会展望・総括コラム】
第6回 現れるか?今春のスーパーエース!歴代のセンバツ投手大記録を振り返る!【データで楽しむ高校野球】
大阪桐蔭vs龍谷大平安【2016年秋の大会 平成28年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第62回 【どこよりも早い!ドラフト2017】 2017年はスラッガーの年だ!清宮 幸太郎、安田 尚憲など大暴れを期待したい逸材たち【ドラフト特集】
第281回 中央大学 河合 泰聖選手(龍谷大平安出身)【後編】「人は、自分よりも他人のためになると力を発揮する」 【2015年インタビュー】
第280回 中央大学 河合 泰聖選手(龍谷大平安出身)【前編】 「センバツ優勝キャプテンの本音」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

沢井 史
沢井 史
  • ■ 長崎県生まれ。福岡、大阪育ち。
  • ■ 大阪市内の高校を卒業後、4年間のOL生活を経てフリーライターに。関西を中心にアマチュア野球の取材活動を行っている。
    大阪市在住。
  • ■ 主な寄稿はWebでは「高校野球ドットコム」雑誌は「輝け甲子園の星」「アマチュア野球」(以上、日刊スポーツ出版社)、「ホームラン」(廣済堂あかつき出版)、「野球小僧」(白夜書房)など。
  • ■ 中学時代からの野球好き。毎年2月はプロ野球の春季キャンプに遠征し、野球の勉強も。
    取材歴は長い方だが、まだまだ修行の身、と自負している。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム