「山形県立北村山高等学校」

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第15回 県立北村山高等学校(山形) 1/42011年01月09日

雪とスイカと花笠のまち

一面雪に覆われたグラウンド

 「グラウンド、こっちです」
学校の駐車場で待っていてくださった石井貴之監督は、駐車場のすぐ隣にあるグラウンドを案内してくれた。
広い!そして、真っ白!
一面に広がる雪景色。

山形県立北村山高校は、山形県の北東部に位置する人口約2万人の尾花沢市にある市内唯一の高校だ。
87年に大石田高と尾花沢高の統合により、普通科と情報処理科を置いて開校した。
07年には総合学科として新たなスタートを切り、09年には普通科と情報ビジネス科が閉科。
現在は総合学科の学校として約450名が学んでいる。

尾花沢は日本有数の豪雪地帯で、積雪2メートルなんて当たり前。
だが、その雪でもたらされる豊富な水と寒暖の差が激しい尾花沢盆地の気候でスイカの生産量は日本一だ。
それに、そばもおいしい。隣の大石田町もそばが有名で、どちらにも「そば街道」がある。
市内中心部から約16キロのところにはNHK連続テレビ小説「おしん」の舞台にもなった銀山温泉があり、8月には、菅笠(すげがさ)に赤い花の飾りを付けた「花笠」を持って「花笠音頭」に合わせて街を練り歩く「花笠まつり」が行われる。

そんな自然と文化に富んだ街にある北村山。
今年は春、夏、秋の全てで県ベスト8入りを果たした。
部員はいずれも20人を割った状態ながら、創意工夫の練習で上位に食い込んだこと、豪雪地帯という環境的不利な状況やその冬季間に除雪作業のボランティアに励んでいることなどから21世紀枠の山形県候補として推薦されたチームだ。

2010年の軌跡

「スイカ打線」と話題を呼んだ打線

春の最北地区大会は17人で初めて制した。
1回戦で新庄東を11対4で下すと、東根工には10対3の8回コールド勝ち。
そして、新庄北には13対3の5回コールドで勝利し、最北地区第1代表として県大会に進んだ。

県大会では準々決勝でセンバツに21世紀枠で出場した山形中央に2対8で敗れたが、初のベスト8入りを果たした。
最北地区大会から県大会初戦の2回戦・新庄南に9対2の7回コールド勝ちを収めるまでの計4試合で2桁安打を記録。
その勢いのある打線は名産のスイカにちなみ、「スイカ打線」と呼ばれて話題を呼んだ。

14人で挑んだ夏は初戦2回戦の新庄東に1対0で勝利。エース・加賀 学(2年)が、2回裏に堀江雅樹前主将(3年)が挙げた1点を、被安打2で守りきった。
3回戦の長井戦は11安打を放ち、8対2で準々決勝に駒を進めた。
2日後に行われた準々決勝は春の村山地区大会で山形中央を下している山形南

2年生の138キロ左腕・小倉 優平は県内でも注目の好投手。2回、二死一、三塁の好機で堀江雅がライト前に適時打を放ち、先制点を奪った。
しかし、先発・加賀が5、6回につかまり、5失点。1対5で敗戦も、初の夏ベスト8に躍進した。
春と夏に8強入りと北村山の歴史に厚みをもたせた3人の3年生が引退し、新チームがスタートすることになる。

このページのトップへ

【次のページ】 県立北村山高等学校(山形) 1/4(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 県立北村山高等学校(山形)【僕らの熱い夏2012】
第20回 県立北村山高等学校(山形) 4/4【野球部訪問】
第18回 県立北村山高等学校(山形) 3/4【野球部訪問】
第17回 県立北村山高等学校(山形) 2/4【野球部訪問】
北村山vs山本学園【山形県 2010年秋の大会 山形県大会】
北村山 【高校別データ】
コメント (1)
やまぼうしの花は咲き続けているだろうか?2011.05.11 前田 征四郎
グラウンドの端に数本の「やまぼうしの樹」が植えられていた.私が北村山高校のグラウンドを初めて訪れたのは1995.11末だった.日課の早朝ジョギングでグラウンドに降りると、時折降り始めた雪の中、寒そうに立っていた.
間もなく積り始めた雪であっという間にやまぼうしの樹も半分ほど埋まってしまった.野球部の練習も屋内へ移動したようだ.春になってスイカの植付けが始まってもグラウンドはぬかるんでいた.GWの頃だったろうかようやく野球部員たちの声が聞こえ始める.私も邪魔にならないように走らせていただく、夏の予選が始まる頃、グラウンドの周囲をものすごいスピードでローラースケートが駆け巡る、しかも長時間.お聞きすると全国でもトップレベルの距離スキーの選手達とか.凄い! それらをやまぼうしの樹は観察し続けていた.この頃だろうか?花水木の花によく似た大きめの花をつけながら….
高橋さんの「北村山高校野球部」を読んで16年前を思い出した.やまぼうしの樹は今も元気に花をつけているのだろうか?北村山高校野球部の活躍を見てくれているだろうか?雪国ならではの、スキー部とのコラボ、いいねえ.
昨年の北村山高校野球部の大活躍、NETでしっかり見てましたよ.
今年も広島・忠海の地から応援していますよ、頑張れ北村山高校野球部!(わずか3年余の赴任でしたがこの地域の人のあったかさ、そしてやまぼうしの白い花はしっかりと心に残っています.素晴らしい走力を持たれたスキー部の生徒と大石田代表で駅伝大会に参加させていただきました、ありがとう)

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム