「日大三」

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第13回 日本大学第三高等学校(東京)2011年01月02日

【神宮大会を制し、優勝旗を持つ畔上主将】


 18勝4敗――。

 これは、日大三の2010年における春から秋までの都大会以上の戦績である。この一年間の勝率は8割を超えた。もちろん、日大三の強さは今年に限ってのことではない。春・夏の甲子園出場は過去10年間で8度を誇る。 なぜ、日大三は強いチームで有り続けることができるのか。実は、その理由が垣間見える瞬間が、毎年暮れに訪れる。

 毎年12月に行われる日大三高名物『冬の強化合宿』。14日間に及ぶこの合宿では、選手たちは体力も気力も限界のところまで追いつめられる。練習は毎朝5時半にスタート。1日の終わりは夜22時。そこから部員たちは寮に戻り、夢を見る間もなく、すぐに朝を迎える。早朝、日がまだ昇らない暗いグラウンドの中で、小倉監督と部員たちの12分間走が始まる。グラウンド内をひたすら回る12分間走は、距離にして約3キロ。「12分間で小倉監督を2回抜かないとアウト」というルールも設けられていて、1年生はとにかく必死。2年生になると、「去年の自分よりも400メートル長く走れるようになった」などと成長を実感できるようになる。

【必死に食らいつく選手たち】

 「前を走る勇気、前に行ってみようとする勇気が大事。去年は後ろを走っていた選手が、先頭で走っている姿を見ると嬉しいですね」と話す小倉監督。ただ、ここ最近、選手たちへ抱く気持ちの変化を感じているという。

 「選手たちは高校3年間のうち、冬の強化合宿を2回経験するだけですが、私は関東一高にいた頃から、この合宿を行っていましたから、今年で26回目になるんです。自分が歳を重ねたせいか、必死に走っている選手たちを見ると、このまま彼らの心臓が止まるんじゃないかって不安になる時があるんです。でも、続けさせたい。選手たちの体を心配して、厳しい練習から逃がしたい自分もいる。だけど、やっぱり最終日にあの思いをさせてやりたいんですよね」。

このページのトップへ

【次のページ】 日本大学第三高等学校(東京)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第128回 選抜までにココを成長!神宮大会出場ピッチャー編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
第612回 井上広輝(日大三)「1年生ながら145キロ!自慢のシンカーで強力打線をなで斬り」 【2017年インタビュー】
日本航空石川vs日大三【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第605回 神宮大会に登場するドラフト候補たち!今年の神宮の主役になれるのか??【大会展望・総括コラム】
第3回 日本大学第三高等学校(東京地区代表)「大砲はいなくても、集中打と総合力の高さで勝負」【第48回明治神宮野球大会 チーム紹介】
日大三vs佼成学園【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs日大豊山【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs帝京【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs都立昭和【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第529回 夏は二刀流として期待!金成麗生が剛速球左腕としてのベールを脱ぐ! 【2017年インタビュー】
日大三 【高校別データ】
コメント (1)
練習が甲子園なのかも2017.01.30 ベースボルゾー
毎日の練習が甲子園なのかも。だから、その瞬間に喜びや満足が垣間見える。甲子園出場は、その先についてくるものなのかもしれない。。。

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム