第494回 仙台二(宮城)データ野球で半歩でもリードを奪い、強豪私学相手に打ち勝つ!2018年06月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]効率化に特化した練習
[2]強豪相手に打ち勝つ!


 JR仙台駅から地下鉄に乗り換え、わずか9分のところにある国際センター駅。心地よい風と、道沿いの木々から僅かにこぼれる柔い日差しを浴びながら歩いて行った先にあるのが、宮城県仙台第二高等学校、通称仙台二高である。
 ゴールデンウィーク間近、校門には定期交流戦までのカウントダウンの看板が置かれていた。仙台二野球部では恒例行事として、毎年仙台一との練習試合が組まれている。伝統校でもある仙台二の選手たちは普段、どんな練習をしているのか。お話を伺った。

効率化に特化した練習



仙台二の選手間ミーティングの様子

  グラウンドが他の部との兼用であることから、全面を使っての練習はできない。さらに仙台二は県内でも有数の進学校で、授業が7時間目、さらには8時間目まである曜日もある。授業の時間が長いだけでなく、練習時間も限られている。

 場所・時間の両方が制限されており、練習環境は私学に比べると満足の行くものとは言えない。だが、選手・監督は限られた環境の中で創意工夫を凝らしている。

 実際に学校を訪れた際には、校舎内でバドミントンのシャトル打ちと、自転車置き場でのティーバッティングや体幹トレーニングなど、できる範囲で工夫をして練習をしていた。練習に取り組む選手も、効率化を図る意識が強い。チームの中心選手である、酒井渉選手がその意図を話した。

 「自分たちの学校は授業の時間が長く、練習時間にも制限がある。でも、私学は人数が多いから練習時間が長い」と感じている。ノックを受けるのを待っている。また、バッティングの待ち時間など人数が多いからこそ、練習時間が伸びていると酒井は考えている。

 また練習時間を伸ばせば、上手くなる保証がないと選手たちは考えている。大事なのは、いかに高い集中力で効率よく練習に取り組むか。そこに重点を置いた仙台二は、一日練習できる土日であっても敢えて練習時間を短くして、高い集中力を維持したまま効率化を図っている。

 仙台二は、宮城県の中部地区に属する。そこには全国でもその名が知られる、仙台育英東北と強豪が所属する地区なのである。それだけに私学に対するライバル心はかなり強く、どうしたら彼らに勝てるのかということを常に考えている。そのために必要なのが、バッティングの強化だった。

【次のページ】 強豪相手に打ち勝つ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第17回 大阪桐蔭が連覇を達成したセンバツを俳優・吉村卓也が語る!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第66回 仙台二(宮城)「二高史上初」のマネージャーになれたことが自慢!!【頑張る!マネージャー】
第51回 久しく続いた2強対決構図は仙台育英がややリードしていたが今後は…【宮城・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第11回 仙台南高等学校(宮城)【冬が僕らを強くする2018】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」 【2017年インタビュー】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
広陵vs仙台育英【第99回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs大阪桐蔭【第99回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs日本文理【第99回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs滝川西【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第490回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「侍ジャパンの経験も糧に、慶應義塾で『丘の上』のその先へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第489回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「好投手たちと共に登った『成長の階段』」【前編】 【2017年インタビュー】
仙台育英 【高校別データ】
仙台一 【高校別データ】
仙台商 【高校別データ】
仙台二 【高校別データ】
東北 【高校別データ】
東北学院榴ケ岡 【高校別データ】
東北生文大高 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム