第103回 試行錯誤を続ける西のスラッガー・安田尚憲(履正社)、プロでは大爆発を2017年09月23日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップでは清宮 幸太郎に並ぶスラッガーとして注目された安田 尚憲。安田は「海外では自分の打撃ができなかった」というように、打率は.324を残したものの、本塁打なしと厳しい成績に終わった。打率3割残しても、物足りなさを感じるところに、安田の凄みを感じる。この期間中の安田を見て、プロ1年目から壁にぶつかっても克服できる強さを感じた。


安田尚憲(履正社)


オーストラリア戦のサヨナラ安打

 安田は国内合宿3試合3発。木製バットでも、ツボに入れば十分に持っていくスタンドインさせる長打力は持っており、木製バットにはしっかりと順応しているといえる。あとはレベルが高い投手に対応ができるかが、活躍のカギとなっていた。そういう意味で、安田がこの大会でしっかりと工夫しながら打席に立った。
まず振り返ると、安田はU18代表入りが決まってから構えを変えた。グリップを高い位置にしていたのを、低めに構えるようになったのだ。これは力みを取り、投手との距離感を掴むためだ。しかし身長は180センチを超え、140キロ台を超えるツーシームを投げる投手がごろごろいる海外の投手を前に安田は自分の打撃フォームを崩す。

 体が前に突っ込みがちになり、さらに全身に力が入り、体が思うようにコントロールできない。腕を操作できず、打撃フォームを見直し、軸足に体重を乗せる意識で打席に立つようになった。スーパーラウンド後から安田の打撃フォームはだいぶ良くなっていた。トップの位置が安定し、無駄な捻りを入れることなく、振り出してからインサイドアウトに振り抜くことができており、スイングの軌道がだいぶ改善されるようになった。

 確かに満足いく打撃内容ではなっただろう。しかし本大会までの練習試合は3試合。この短い準備期間で、平均して140キロ、速くて150キロを超える海外の投手たちから打率3割を残したのは、評価ができる。さらに大会中に試行錯誤をしながら、自分が打てる形を追求し、スーパーラウンドのオーストラリア戦ではサヨナラ安打を打つなど、自分の形を見つけることができた。「良い経験ができたと思います」と語る安田。安田の意識の高さならば、国内に戻ってからも目的意識をもって練習に取り組んでくれるだろう。

 22日、プロ志望を表明した清宮 幸太郎早稲田実業)と同じくプロ表明した安田。プロ1年目から同期の野手を圧倒するようなパフォーマンスを見せていくのか、注目をしていきたい。

(文=河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
智辯和歌山vs履正社【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
履正社vs大阪商大堺【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
履正社vs初芝立命館【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
履正社vs関西創価【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム