第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!2018年01月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から市川悠太、藤原恭大、森下翔太

 2018年、高校野球にとって節目の一年となる。この夏の甲子園で、ついに「100回大会」を迎えるのだ。第1回大会がスタートした1915年から全国大会は103年も続いてきた。今回、新春企画として、今年の夏の記念大会の概要と、2018年の注目校の戦力を紹介しよう。

出場校は史上最多の56校、7府県の出場校枠が2校に!!

 記念大会の年に校数が多い都道府県から、2校が出場できるようになったのは、1998年の第80回大会からだ。第80回大会と、2008年の第90回は埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫の6府県から2校出場していたが、今年はさらに「福岡」が加わり、史上最多の56校が出場することとなった。すでに大会スケジュールも発表されており、8月5日から開幕して、大会は17日間にわたって開催される予定だ。それに伴い、地方大会では夏のシードの仕組み、大会日程にも変更点は多い。これまでは、2校制となる地区は、通常1回戦から戦えば、最大で8試合戦う地区もあり、5回戦から決勝までの4試合を僅か5日間で戦い抜くなどタイトなスケジュールが目立った。

 しかし、2地区に分けられることで、過密なスケジュールが緩和され、試合数も減る。過去には、2校制になった地区から優勝校が出ている。1998年の第80回大会では横浜、2008年の第90回大会では大阪桐蔭。それだけに、今年は2校制となった7府県の代表校の躍進にも注目が集まる。

全国レベルの活躍を期待したい10チームはここだ!


川畑大地(乙訓)

 続いて、この春の選抜出場も予想されるチームの中から、2018年の注目校の戦力を紹介しよう!

大阪桐蔭(近畿大会優勝・神宮大会4強)根尾 昂藤原 恭大山田 健太柿木 蓮横川 凱とドラフト候補がズラリと揃う。優勝が期待されながらも、神宮大会準決勝で敗退した悔しさをどう結びつけるのか?

明徳義塾(四国大会優勝・神宮大会優勝):絶対的エース・市川 悠太を含め、内外野の堅い守備で余計な失点を防ぎ、左の好打者がズラリと揃い、得点力も高い。

創成館(九州大会優勝・神宮大会準優勝):135キロ以上の投手を3人揃え、打線は140キロ以上の投手と対戦しても力負けしない打撃、内外野の守備力も非常に高く、総合力の高さは全国レベル。

静岡(東海大会優勝・神宮大会ベスト4):走攻守三拍子揃った1番村松 開人、4番成瀬 和人を中心とした打線はつながりがあり、好投手を攻略する戦術も備わっている。あとは投手陣の整備がカギ。

聖光学院(東北大会優勝・神宮大会ベスト8)聖光学院史上最強打線と評されるように上位下位と切れ目なく、毎試合二桁安打を記録。神宮大会では初戦敗退に終わったが、これまでの全国大会の経験値の高さから全国上位が期待できるチームだ。

日本航空石川(北信越大会優勝・神宮大会ベスト8):神宮大会でも活躍を見せた主砲・上田 優弥など各野手の能力の高さは全国クラス。投手陣も重吉 翼大橋 修人の速球派二枚看板が本来の実力を発揮すると、上位進出が期待できる。

東海大相模(関東大会ベスト4):1番小松 勇輝は二塁打、三塁打を量産できるミート力、俊足が魅力で。4番森下 翔太はほぼ長打というロングヒッター。前後を打つ打者陣の能力も高く、ビッグイニングを期待できる。投手陣では故障から復活を目指すエース・斎藤 礼二に期待。

東邦(東海大会準優勝):練習試合・公式戦含めて44勝1敗3分けと圧倒的な力を示した。最速146キロ右腕・扇谷 莉、東海大会準決勝で逆転本塁打を打った石川 昂弥に注目。

智辯和歌山(近畿大会準優勝):秋季大会は甲子園で本塁打を打った林 晃汰をけがで欠いても、近畿準優勝を収めた強力打線、層の厚い投手陣は全国レベル。

乙訓(近畿大会4強):常時140キロを投げ込む川畑 大地、左腕・富山 大樹の2枚看板の実力は全国クラス。打線は秋季大会3本塁打の宮田 康弘を中心に強力。放課後の練習は19時までという環境ながら、強豪私学に負けない実力を身につけた。

 引き続き、高校野球ドットコムでは、2018年注目チーム&選手を紹介していきたい。

注目記事
お正月特集 BIG5インタビュー

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第459回 乙訓(京都)「秋は京都大会優勝!好チームから強豪校へ」【野球部訪問】
第3回 南神奈川、北神奈川はどちらも熾烈!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第58回 乙訓(京都)「マネージャーも含めてチームやで!強豪公立校を支える6人の女子マネ」【頑張る!マネージャー】
第133回 みんなの新年の抱負を聞かせて!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
高松商vs健大高崎【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs尽誠学園【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs大手前高松【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明石商 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
乙訓 【高校別データ】
小山 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム