第4回 藤岡中央高等学校(群馬)2018年01月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

練習の様子(藤岡中央)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]創部13年目で21世紀枠候補に
[2]楽しく野球ができているけど、楽はしない
[3]人の成長なくして技術の成長はない

創部13年目で21世紀枠候補に

■前橋育英から勝利を挙げ、初の県4強へ
 群馬県藤岡市にある群馬県立藤岡中央高等学校は、藤岡高と藤岡女子高の閉校に伴い、2005年に新設校として創立。現在、全日制は普通科と理数科が設置されている。野球部は昨秋の群馬大会で県内公式戦33連勝中だった前橋育英を破り、創部以来初の4強入り。少人数ながら工夫した練習で好成績を挙げつつ、文武両道を掲げて学習にも力を入れていることなどが評価され、今春のセンバツ大会における21世紀枠の関東地区候補に選出されている。

■藤岡中央野球部の紹介
 野球部は2年生14名、1年生10名の計24名。「全力疾走。全力発声。そして、ピンチのときこそ笑顔がセールスポイント」と話す下田 匡希主将のもと、新チームは関東大会出場を目標にスタート。打撃では1日1500スイング、守備では内野150捕球、外野100捕球をこなしチームを強化している。


ティーバッティングをこなす(藤岡中央)

■秋季大会を振り返って
 関東大会出場を懸けた群馬大会の準決勝で関東学園大附と対戦。「8回表まで4対0でリードしていたのに、その裏4点を返されて同点。最後は延長でサヨナラ負けと今までにない屈辱的な負け方をしてしまいました。その試合が最も印象に残っています」と、下田主将。しかし、「あと一歩が遠いこと。目標は一歩手前で落とし穴があることを学びました」と敗戦から貴重な教訓を得たようだ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 秋季大会を通して投げぬき、チームを支えたエースの門馬 亮投手。準決勝の関東学園大附戦で適時三塁打とスクイズで2打点を挙げた高橋 紀史選手。5割を超える打率を残し、イニングの先頭として出塁し多くの得点に結びつけた杉本 丈一郎選手が活躍。今春から夏に向けては永尾 大河選手、鈴木 優典選手らにも期待がかかる。また、高桑 磨央選手は、声でチームの空気を一瞬で明るくすることができるムードメーカーだ。

■この冬の意気込み!
 このオフシーズンは「基礎筋力の向上」「2枚目の投手の向上」「振れるチームになること」をテーマに練習に励んでいる藤岡中央。下田主将は「全体的に基礎的な筋力が足らず、振りが弱かったり、肩が弱かったりとまだまだ個が弱い状況になっています。そこで、この冬の間に全員が〈身長-体重〉の数値を100から95にして基礎能力の向上に努めたいです。そして、バットを振り続けて春と夏はチーム打率が4割を越えるようにしていきたいです」と目標を掲げている。

このページのトップへ

【次のページ】 楽しく野球ができているけど、楽はしない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第618回 今年の21世紀枠推薦校の注目選手は門馬、佐藤、岡林など好投手がズラリと揃う!【大会展望・総括コラム】
藤岡中央 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム