第128回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「土壇場の逆転劇を魅せてついにベスト16へ」【Vol.2】2017年12月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強豪・聖パウロに屈せず、先制攻撃で初戦突破
[2]3回戦も4回戦も引退を覚悟していた

 この夏の西東京大会は高校通算111本塁打の清宮 幸太郎のラストサマーが注目を集める中、都立高校が私学の強豪校に挑む姿は大きな感動を呼んだ。この大会で大きな印象を残したのが都立総合工科だろう。有馬信夫監督が「いつも弱い弱いといいますけど、今年は最弱」というチームが、いかに日大三に競り合いを演じるチームになったのだろうか。今回は中心選手たちに話を聞いた。第2回は、相次ぐ逆転劇で勝ち進む4回戦までの様子。その時の試合で感じていたことを語ってもらいます。

<メンバー>
小島巧:捕手として、主将としてチームをまとめた
大河内輝也:日大三戦で先発した右サイドハンド、シンカーがウリ
棚橋明博:逆方向への流し打ちを得意とする右打者
石川幸之介:チーム一の長打力を持ち、主砲として活躍
大場朋:左のエースとして活躍
小野里剛:バットコントロールの良さはチーム一の左打者

強豪・聖パウロに屈せず、先制攻撃で初戦突破

大場朋投手(都立総合工科)

――まず聖パウロ学園戦を振り返ると、スタメンに抜擢された棚橋君が先制タイムリーを打ってます!あの場面を振り返ってください。

棚橋:2球目で、外目の直球でした。1球目見逃したとき、相手投手のボールを見ていけるなと思いました。ヒット打ったことで、幸先良いなと思いましたね。

――さすがですね!今年の都立総合工科打線はどんな打線なのですか?

小島:いやでも、良い流れでいくと、チーム全体で盛り上がるので、うちは上位、下位からでも点を奪える打線なので、下位から点を取れると、上位にもつながるので、盛り上がります。

――この試合、小島君が話す通り、打線乗ってきましたね。

小島:乗ってきましたね。棚橋については、夏の大会の直前から、レギュラーで使われて、結果を残してベンチ入りしたんですよね。

――では棚橋君の売りは?

棚橋:逆方向へのバッティングですね。有馬先生に、引っ張らずに全部流せといわれて、流し打ちが得意になりました。

――試合に戻ると先制してから小野里君も2点タイムリーを打ってますね。

小野里:詰まったんですけど、詰まったからこそセンター前ヒットに落ちてくれたんですよね。

――そして石川君も4回表、犠飛打ってます。

石川:でもこの試合で、あまり打てなかったのは心残りです。

小島:いや石川があの場面で打点を挙げることができたのは、その後の展開を考えると、良かったと思います。

――聖パウロ学園打線は強力なイメージがあるんですが、登板した大場君はどんな投球をしようと思ったのですか?

大場:ボール球でうまく勝負できればと思いました。

小島:厳しいコースをつく。ゴロ打たせてゲッツーを打たせて取ること 点とられたのは僕が不用意にストレートを要求してしまったことですね。

【次のページ】 :3回戦も4回戦も引退を覚悟していた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第129回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「野球の神様が降りてきた夏」【Vol.3】【僕らの熱い夏2017】
第127回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「秋、春の苦難を乗り越えて」【Vol.1】【僕らの熱い夏2017】
第46回 福岡ソフトバンクホークス・石川柊太(都立総合工科出身)「大成をもたらした純朴さと素朴さ」【恩師が語るヒーローの高校時代】
都立総合工科vs都立翔陽【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
日大三vs都立総合工科【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
都立総合工科vs聖パウロ学園【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第499回 【西東京展望】日大三、早稲田実ブロックに入った有力校は?シードを脅かすノーシードの実力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs都立総合工科【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立文京vs都立総合工科【東京都 2016年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立総合工科 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム