第2回 管理栄養士が語る高校野球のあるあるネタ!意外と知られていない!試合前日と試合中の栄養補給2016年07月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]試合前日のゲン担ぎのかつ丼はNG?!炭水化物中心の食事を!
[2]ゼリー飲料の飲み方をチェック!!

 夏の大会が本格始動するこの時期、試合のことに頭がいっぱいになって「食」がおろそかになっていませんか?実は夏の大会を勝ち上がる上で大事になってくるのが、技術や筋力トレーニングに加えて食事だったりするんです!

 今回は、これから夏の大会に挑む球児の皆さんに特別に、株式会社明治の管理栄養士の方々に集結いただき、夏に強いコンディショニング作りをテーマに、意外と知られていない栄養学のお話をお伺いしました。

 株式会社明治では、侍ジャパンを始め、北海道日本ハムの大谷 翔平選手や、レッドソックスの上原 浩治選手など多くの一流アスリートのサポートを行っています。また、ジュニア世代から10代プレーヤーに向けた栄養セミナーも数多く実施している管理栄養士の皆様だからこそ語れる、ここだけのとっておきの情報も満載!今回は、『試合前日と試合中の栄養補給』についてお伝えしていきます!

 試合前日のゲン担ぎのかつ丼はNG?!炭水化物(糖質)中心の食事を!

左から黒崎 礼子さん、大村 麻実さん(株式会社明治)

Q 日頃、球児たちに向けて食事と栄養のご指導をされている皆様ですが、まずは7月からいよいよ始まる夏の大会に向けて、より良いコンディショニング作りをしていくための栄養補給のお話をうかがっていきたいと思います。

大村:野球選手は1日の中で朝昼夜、そして練習前や練習中の補食と、常に食べているので他の競技の選手と比べても、試合前にお腹がいっぱいになってもあまり気にしていないように感じます。だから、高校生向けの栄養講習会で、『普段の食事と試合前日の食事を変えている人はいますか?』と質問をしても、そこに意識を置いている選手は少ないんですよね。

一同:確かにそうですね!

大村:スポーツ栄養学的にはパフォーマンスアップのための食事というのがあるんですけど、いまだに、前日の夜ご飯で、ゲン担ぎでカツ丼を食べている球児もいます。他の競技では試合前日に生モノや揚げ物を食べないことが浸透しているんですけどね。もっと、試合前の食事をしっかりと考えて食べれば、上手く動けるのになぁと感じてしまいます。

Q では、試合でのパフォーマンスを上げるための食事とは、一体どんなものを摂取すればよろしいでしょうか?

大村:試合前はエネルギーを溜め込んでそれを持続させることが大切です。試合の前日と当日の朝の食事では、炭水化物(糖質)をいつもよりも多めの割合で摂ってほしいです。

黒崎:基本的にはバランスを考えた食事を摂ることが大事です。ポジションごとにメニューを変える必要はありませんが、運動量が多くなるバッテリーにはとくに意識しておいてほしいですね。

このページのトップへ

【次のページ】 ゼリー飲料の飲み方をチェック!!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 適切な水分補給と試合後の栄養補給!管理栄養士が語る高校野球のあるある!【球児のための栄養学】
第84回 栄養の宝庫である汁物の力を活用しよう【栄養学一口コラム】
第82回 間もなく対外試合解禁!確認しておきたい試合前の必要な栄養素【栄養学一口コラム】
第81回 ゲン担ぎ食【栄養学一口コラム】
第80回 おもちのススメ【栄養学一口コラム】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム