第71回 専修大学附属高等学校(東京)2016年03月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 1929年、前身となる京王商業学校が新設。その後、幾度か転換、改称を重ね1969年に現在の校名、専修大学附属高等学校となりました。1994年には男女共学を開始し、創立から80年以上の歴史を重ねてきた同校。強豪ひしめく東京で、全国の舞台への道は困難ではありますが、京王商業時代には一度だけ甲子園の地に立ったことがあります。しかしそれは戦時下の1942年。全国高等学校野球選手権大会には記録されない「幻の甲子園」と呼ばれる大会でした。

 それから70年以上。昨夏はベスト32、秋はブロック予選で敗退したものの、2013年にはベスト8にまで勝ち残りました。「専修大学附属高校」としてまずは神宮球場でのプレーを、そしてその先の甲子園へ。この冬の取り組みと今後の意気込みを伺いました。

チーム基本情報を紹介!

■専修大附属高校の野沢 響君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が16人、2年生が26人です。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 校庭が無いため、多摩市一本杉公園野球場を借りて練習する日が多いです。

 校庭がないのは残念ですが、球場で練習できるのは良いですね。

このページのトップへ

【次のページ】 今年のチームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム