智辯和歌山が初戦突破!池田陽が公式戦初完封!

 センバツ8強の智辯和歌山が登場。和歌山南陵を相手に苦戦を強いられたが、キッチリと初戦を突破した。

 智辯和歌山の先発はエースの池田 陽佑(3年)。1回表、一死から二塁手の黒川 史陽(3年)が平凡なゴロをトンネルしてまさかの出塁を許す。その後、盗塁で二塁まで進まれるが、このピンチを連続三振で凌ぎ、先制点を与えない。

 和歌山南陵は右横手投げの岩谷勇希(3年)。シュート気味に食い込むストレートと緩いスライダーで相手打者を手玉に取る技巧派だ。岩谷は持ち味を存分に発揮して智辯和歌山打線を翻弄。各打者のタイミングを見事に外して3回まで無失点に抑え込む。

 智辯和歌山にとっては嫌な流れとなったが、4回裏に先頭の4番・徳丸 天晴(1年)が二塁打を放つと、続く5番・根来 塁(3年)は死球で出塁して無死一、二塁と先制のチャンスを作る。ここで6番・東妻 純平(3年)は2球続けてバントを失敗。追い込まれてからヒッティングに切り替えると、岩谷のスライダーを捉えて、中越え2点適時打となり、智辯和歌山が先制点を挙げる。

 ミスを取り返しての一打に東妻は「結果オーライです」と笑みを浮かべた。負けたら終わりの公式戦では結果が全てだが、これに満足することなく、「バントをミスしたのはチームとして流れが悪いですし、そういうところは一発で決められるようにしていきたいです」と気を引き締めていた。

 智辯和歌山は7回裏に細川 凌平(2年)の中犠飛で1点を追加すると、8回裏にも東妻が適時二塁打を放ってリードを4点に広げた。

 序盤からロースコアの展開になったが、この日は池田陽が終始、危なげない投球を見せていた。「ああいうピッチングはなかなか見たことがない。本当に頼もしくベンチから見ていました」と中谷仁監督も信頼して池田陽の投球を見守っていた。

 池田陽は5安打、11奪三振、四死球0という内容で公式戦初完封。試合前のブルペンでは調子が悪かったというが、「力を入れるタイミングや骨盤を入れるタイミングを変えた」と投げながら修正して徐々に調子を上げていった。

 春から夏にかけて急成長を続けている池田陽。センバツを終えてから前に体重が乗れるようにフォームを修正したことで球速が141キロから149キロにまで伸びた。さらに「打者を見て投げられるようになった」と投球術にも磨きをかけ、エースとして頼れる存在になっている。

中谷監督体制で戦う初めての夏。初戦は投手を中心に守り勝つ試合となったが、次戦以降はどんな試合を見せてくれるのだろうか。

(文=馬場 遼)

関連記事はこちらから
2019年  第101回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会
智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】
智辯和歌山の戦歴をチェック!
149キロ右腕・池田陽佑(智辯和歌山)の原点。投手人生のスタートは13歳の誕生日から【前編】
驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】