2018年07月19日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯和歌山vs箕島

2018年夏の大会 第100回選手権和歌山大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

智辯和歌山の猛打炸裂!

  

 智辯和歌山箕島という和歌山県を代表する名門校同士の一戦は智辯和歌山の圧勝で幕を閉じた。

 

 箕島はトルネード投法の背番号17・佐原光貴(3年)を先発に立てるが、立ち上がりの制球が定まらず1回表に2つの四死球で一死一、二塁のピンチを招く。ここで4番の文元洸成(3年)がレフト戦に適時二塁打を浴び、1点を先制される。その後もピンチは続いたが、何とか持ち直してこれ以上の失点は許さなかった。

 

 強力智辯和歌山打線を何とか2回まで1点に抑えていた箕島だが、3回表に智辯和歌山が火を噴いた。まず無死一、二塁から6番・黒川 史陽(2年)の中越え適時打で1点を追加。さらに続く根来 塁(2年)が四球で無死満塁となったところで箕島は熊代壮(3年)に投手を交代する。しかし、智辯和歌山打線の勢いは止められず、この回は打者15人の猛攻で10得点。一気に試合の大勢が決まってしまった。

 

 4回表を終えて13点ビハインドと何とか見せ場を作りたい箕島は4回裏にこの回から登板した小堀 颯(3年)から二死二、三塁のチャンスを作る。ここで7番の小松優斗(3年)が2点中前適時打二塁打で2点を返し、反撃を見せた。

 

 しかし、箕島の反撃もここまで。5回裏は池田 陽佑(2年)の前に三者凡退に抑えられ、注目のカードは14対2という思わぬ大差で5回コールドに終わった。

 

 智辯和歌山は先発全員安打の15安打と相変わらず打線が好調で18年ぶりの全国制覇へ着々と足並みを揃えているように見える。投手陣も前半に大量リードを奪えたことで小堀と池田陽を起用できたことは今後に向けてプラスになりそうだ。

 

 箕島は5人の投手を投入したが、智辯和歌山打線の前にはなす術がなかった。もう一度力を付けて再び甲子園を目指してほしい。

 

(文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「捲土重来」を果たした江原佑哉(筑陽学園)の主将力に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
黒川、東妻、来田など注目選手目白押し!西日本の野手は逸材たちを一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第837回 黒川、東妻、来田など近畿の野手たちに注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第23回 俳優・吉村卓也の新年1発目のコラム!高校野球が教えてくれる事【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs大阪偕星学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
智辯和歌山vs桐蔭【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
第743回 無名球児から夏の甲子園準優勝投手へ! MIZUNO 田林正行さん(智辯和歌山出身)はいかにしてエースになったのか【前編】 【2018年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
箕島 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 和歌山大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

和歌山県地域応援スポンサー

和歌山県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る