帝京、好投手・杉江を攻略し大勝!創価、小原の一発も及ばず



4回渡邊の三塁打で小島 先制の生還

<春季東京都高校野球大会:帝京9-2創価>9日◇3回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

 創価杉江 敏希帝京高橋 蒼人という好投手を擁する強豪同士の対戦は、3回戦屈指の好カードになった。夏のシード校がかかったこの試合、両チーム、当然エースをマウンドに送った。

 創価の杉江は、秋はコンディション不良で登板しなかったが、「もう大丈夫です」と、創価の片桐哲郎監督は言う。実際、杉江の球威は、昨夏よりさらに増していて、1回表は帝京を三者凡退に抑えた。「ブルペンでの投球を見ても、いい投手だし、後半勝負だと思っていました」と帝京の金田優哉監督は言う。帝京は序盤、打ち急ぎはせず、じっくり球を見て、勝負どころに備える。

 一方、帝京の高橋蒼はこの冬のトレーニングで、「球威が増しました。最速は142キロから145キロになりました」と言う。実際この試合でも、走者は出すものの、力のある球で、得点は許さない。ただ金田監督は、「調子は良くなかったので、6回くらいまでしのいでくれればと思っていました」と語る。

 試合の均衡を破ったのが、帝京の中心打者だった。4回表、3番・小島慎也が右前安打で出塁すると、4番・渡邊 礼が左中間を破る三塁打を放ち1点を先制。渡邊も5番・大塚 智也の左犠飛で生還した。

 さらに畳み掛ける帝京は、6回表は2死二塁から5番・大塚の右前安打で1点を追加。さらに6番・稲垣 渉の中前安打に続き、7番・德永旺典の右越え三塁打で2人が生還した。

 帝京の一方的な展開になりかけたが、6回裏、創価の4番・小原 快斗が本塁打を放ち、追い上げる。「打ったのは真っ直ぐです。秋に腰を痛め、腰に負担がかからないよう、下半身中心の打ち方にしました」と小原は語る。この本塁打は、打った瞬間それと分かる、東京では珍しい豪快な1発であった。

 創価はこの回、さらに1点を追加。いよいよ反撃に出るかと思われたが、帝京が7回からマウンドに送った左腕の安藤翔から1点が奪えない。対する帝京は7回表に3番・小島の右前適時打などで1点を追加。9回表にも2番・本村 千夏良、5番・大塚の二塁打などで3点を追加し、帝京が大一番で圧勝した。

 創価はこの敗戦により、夏はノーシードで戦うことになった。「これは仕方ないです。しっかり準備して戦います」と片桐監督は語った。

 勝った帝京は、4回戦で早稲田実業と対戦する。帝京早稲田実業といえば、東京を代表するゴールデンカード、注目の一戦になりそうだ。「一戦必勝。いい準備をして勝ちにいきたいです」と、帝京の金田監督は語った。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。