東海大菅生・櫻井 6回被安打1、無失点の好投で世田谷学園を下す

 シード校が11もある中で、ノーシードから勝ち上がってきた世田谷学園は、今大会で旋風を起こしている。その立役者となっているのが、横手投げのエース・建守 伯だ。成瀬智監督も、「うちは攻撃力がないので、ロースコアにもっていかないと」と語る。それを許さないのが、東海大菅生の攻撃力だ。

 世田谷学園の先発は当然エースの建守、東海大菅生は左腕の櫻井 海理が先発した。櫻井の先発について東海大菅生の若林弘泰監督は、「調子がいいからです。秋まではメンタルの問題があって使う勇気がありませんでしたが、春の大会で自信をつけました」と語る。

 櫻井の良さは制球力。コーナーを突いて攻めの投球をする櫻井に。世田谷学園は打順一巡までは全く歯が立たなかった。

 世田谷学園の先発・建守も、主将で右翼手の石郷岡 一汰の好守もあり、1回、2回は無失点で切り抜ける。けれども3回裏、9番・櫻井自ら左前安打で出塁すると、2番・福原 聖矢は投手強襲打。強い打球が建守の右足の甲あたりに当たったが、建守は続投した。

 ただ「かなり疲労が来ている」と成瀬監督が語る建守にとっては、ダメージがあったのだろう。続く3番・堀町 沖永が四球で満塁となり、4番・小池 祐吏の中前安打で2人が生還。さらに5番・岩井 大和の右中間を破る三塁打でさらに2点を追加した。

 4回表世田谷学園の1番・雪竹 弓斗がチーム初安打となる中前安打を放ったが、これが櫻井から打った唯一の安打になった。