昭和一学園・池田「切れた」スライダーで逃げ切り、聖パウロ・眞野「思い」実らず

 昭和一学園聖パウロ学園の、どちらも秋のブロックで敗れ、春季大会を経験できなかったチーム同士が4回戦で激突した。

 先制したのは昭和一学園だ。1番・田中 航太と2番・宮川 侑大が連続で四球を選ぶと、3番・若井 春介が、聖パウロ学園先発・岩渕 歩から先制打を放つなど3点が入った。

 リードをもらった昭和一学園先発・池田 晴人は、2回に1点を失ったものの、スライダー主体の打たせて取る投球で、聖パウロ学園打線を封じる。

 逆に昭和一学園が3回に1点を追加して、4対1となったところで、試合は膠着状態に入る。昭和一学園・池田と、聖パウロ学園2番手・眞野 文太の投げ合いで、試合は6回まで進んだ。

 迎えた7回、聖パウロ学園が4番・眞野のタイムリーで1点を返すと、最終回も3番・深沢 龍士のヒットから4番・眞野の2本目のタイムリーが飛び出す。4対3で逃げる昭和一学園と、猛追する聖パウロ学園だったが、最後は昭和一学園が何とか逃げ切って、5回戦へ勝ち進んだ。

 勝った昭和一学園の池田は、昨秋のブロック予選では、ストレートで押す眞野と近いタイプだったが、この試合は違った。スライダーを両コーナーに投げ分けてて、打たせて取る投球術が光った。

 池田いわく、秋のブロック予選でもストレートと同じくらいの割合でスライダーを投げていたそうだが、秋を終えてから「テンポよく打たせて取ろう」と意識に変化が芽生えたという。というのも、ストレートとスライダーの球速がさほどなかったため、ストレートが痛打されることに気が付いたとのこと。そこからスライダーを増やして、テンポアップさせるスタイルに路線変更した。

 聖パウロ学園・眞野は「スライダーが良かったです」と話せば、勝俣監督からは「丁寧にコースに投げられていましたね」と池田のスライダーの制球力に手を焼いたと話す。

 振り返れば、池田は右左に関係なく、スライダーのコースを突くことが十分にできており、聖パウロ学園からアウトの山を築いた。スライダーの使い手と言っても良さそうだが、ここに至るまでには練習の成果があった。

「元々、フロントドアは使えていました。けど、ストライクからボールにするスライダーを投げると、どうしても失投することが多かったので、そっちを重点的に投げたことで、どっちの打席に立たれても、コースを投げ分けることが出来ます」

 指揮官・田中監督は粘り強く投げたことを評価しながら、「今日は回を重ねるごとにキレが増しているように見えました」と、池田のスライダーに安心感を得ていた。また、6月の練習試合では完投させるようにしたことで、スタミナ強化させていたことも、田中監督のなかでは安心材料の1つだった。