8回表二松学舎大附の攻撃では、二死三塁で秋山に打順が回ると、秋山は申告敬遠で一塁に歩いた。それでも7番・丸山 丈司の内野安打でさらに1点を追加した。二松学舎大附は、秋山の活躍が目立つが、消して秋山のワンマンチームではない。

 8回裏関東一は、一死二塁で打撃もいい8番の市川が入る。「チャンスでの打席だったので、つなぐ気持ちで打席に入りました」と言う市川は、レフト線近くに落ちる二塁打で関東一はようやく1点を返したが、反撃もここまでだった。

 9回裏秋山は渾身の投球。二死後、この大会当たっている4番・津原 璃羽を三振に仕留め、マウンド上に歓喜の輪ができた。

 敗れた関東一の米澤監督は、自信を持っていたチームだっただけに、敗戦を「率直に悔しい」と語った。エース・市川の投球について、「昨日より、疲れがあったのかもしれません」と語った。

 市川は、「肩や肘の重さはありましたが、試合に影響するレベルではありませんでした」と語るが、やはり連戦の影響があったのは確かだろう。それでも、これまで肩や肘の故障にも苦しみながら、フォームを修正し、体を鍛えて、この夏しっかりと成長した姿をみせた。

 進路についてはまだ決めていないという。「まだまだだと思いますが、可能性は持っています」と、米澤監督は、市川の将来性について語った。

 3年ぶり4回目の優勝を決めた二松学舎大附は、エースの秋山も、市原監督も、全国優勝を目標に掲げた。もちろん、容易でないことは分かっている。それでも、甲子園に行って、1勝でもすればある程度満足していたチームから、1ランク上がる気がする。甲子園で思う存分暴れてほしい。

(取材=大島 裕史)


刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会