都立小山台・木暮の踏ん張りに打線が奮起の逆転、「都立対決」に勝利

 都立高ではあるものの、近年結果を出し続けている都立小山台が、4回戦で都立文京との都立高対決に挑んだ。

 この試合、都立小山台はエース・木暮を起用するが、尻上がりに調子を上げてきた。
立ち上がりこそ、都立文京の2番打者のヒットからピンチを招き、4番打者にタイムリーを許し、先取点を献上したが、そこからが違った。

 「コースを狙い過ぎたので、テンポよく打たせていこう」と意識して投じたストレートは、左右高低に投げ分けて、都立文京打線に的を絞らせない。その上で、「効果的だった」と本人も手ごたえ十分のブレーキを利かせたスライダーなどの変化球もコーナーへ巧みに織り交ぜて、都立文京に簡単にチャンスを作らせない。

 ノーワインドアップから流れるようなフォームで動き出していく。腕はゆったりと大きく使いながら下半身と連動させて振り抜いていく。引っ掛ける場面が時折見られたが、制球力重視の打たせて取る投球でリズムが非常に良かった。

 ただ福嶋監督いわく「(春先に比べて)調子を落としている」と万全ではないと評価する。本人もその理由について「下半身で粘れずに開き気味になってしまい、リズムが合っていない」と微調整に苦労を強いられているところだ。

 それでも試合を作れるところは巧みな投球技術があってこそだろう。福嶋監督も「経験と緩急を使って、打たせてアウトを取れたからだと思います」と話していた。本調子に戻ったとき、どれほどの投球ができるのか。次戦に向けて期待を膨らませながら待ちたい。

 試合は3回、木暮を援護すべく1点を追いかけて1番・濱口 隼と2番・西田 宗弥が出塁する。ここで、4番・森村 輝のタイムリーで2対1と逆転に成功する。