立正大立正、松岡主将らの猛打で圧倒!都立新宿の意地をみせた6回の猛攻

 都立新宿は、秋季大会の1次予選で関東一市川 祐にノーヒットノーランに抑えられた。「市川君がいい投手とはいえ、9イニングでのノーヒットノーランは悔しかった」と、田久保裕之監督は語る。立正大立正はノーシードといえども、力のある学校。都立新宿がどこまで対抗できるかが、注目の一戦だった。

 立正大立正は1回表、2番・山本右京の二塁打に4番・野替隼人の中前安打であっさり先制する。それでも、この回4安打を打たれながら、1点に抑えたのは健闘だった。それでも立正大立正は2回表、主将で1番の松岡拓海の三塁打などで1点を追加。立正大立正は1番・松岡、2番・山本右、4番・野替らの中心打者がしっかり安打を重ね、3回表に2点、4回表に4点、6回表に5点を追加した。

 立正大立正は先発、横手投げの山本紘正も好投。5回を被安打3の無失点に抑えた。

 6回表を終わって13対0と立正大立正が大量リード。このままでは、都立新宿はいいところなく敗れるところだが、6回裏の最後に意地をみせた。

 立正大立正はこの回から、山本紘に代わって左腕の島崎秀和を投入。都立新宿は島崎を攻め、1番・松尾友巳、2番・薗田浩輝、3番・佐藤 駿が続けて左前安打。主将で4番の大村圭吾は三振に倒れたが、5番・高橋寛太朗は二塁打を放ち、2点を返した。

 後続は打ち取られ13対2で立正大立正が勝ったものの、都立新宿の最後の粘りは見事だった。6回に安打を打ったのは高橋を除けば全員3年生。「3年生の意地をみました」と田久保監督は感慨深く語る。それはまた、秋のノーヒットノーランからの成長を感じる猛攻だった。

 勝った立正大立正は、4回戦で大田区のライバル・大森学園と対戦する。立正大立正の打線と大森学園の好投手・八田との対戦が注目される。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会