大森学園・八田 6回2安打無失点の好投!全員野球の都立大島の健闘光る

 都立大島は選手登録部員10人ながら、個々の選手のレベルが高い。シード校の大森学園は、この試合が今大会初登場であるのに対し、都立大島は3試合目。大森学園としても油断のできない相手だ。

 大森学園の先発、エースの八田成は、立ち上がり投げ急ぎが目立ち、制球が定まらない。3四死球で二死満塁のピンチ。捕手で主将の松本哲郎は、「下半身を使っていけ」と、アドバイスする。都立大島の6番、先発投手でもある白井花実を三振に仕留め、ピンチを逃れたが、八田は低めのコースに決まらない。

 1回裏大森学園は、3番・山﨑祥貴が三塁打を放ったが、ここは白井が踏ん張る。

 都立大島は2回表も安打2本でチャンスを作ったが得点できない。3回ごろから大森学園の八田は本来の投球を取り戻し、緩急をつけた投球が左右高低にコントロールされて、都立大島打線を翻弄する。

 都立大島の白井も丁寧な投球で大森学園打線を抑える。野手も懸命な守備で白井の好投に応える。しかし5回裏、その守備に一瞬のほころびが出た。一死後7番・八田が左翼手の失策で出塁すると、8番・加藤竜輔のバントは内野安打になる。そして1番・松本の右飛を右翼手がボールを見失い二塁打となり、2人が生還。大森学園が貴重な2点を先制した。大森学園は6回裏八田の左前適時打などで1点を追加した。

 すると7回表のマウンドには、2番手として三河隼平が上がった。三河は秋、春の都大会では投げていない、いわば秘密兵器。180センチの身長から威力のある球を投げ込み、7回を3者三振に仕留め、8回表も奪三振の三者凡退に抑え都立大島に付け入るスキを与えない。

 大森学園は7回裏も1年生ながら二塁手に抜擢した木下蘭亜の安打、盗塁などで2点を追加した。木下はシード校で1年生ながら背番号4を背負うだけあり、俊足で野球センスを感じる選手だ。9回表は3番手として登板した1年生の湯川翔大が無失点に抑え、大森学園都立大島を破った。

 都立大島は敗れたとはいえ、懸命さが伝わる戦いぶりであった。コロナの影響で島外に出ることも、島外のチームが島に来て試合や練習をすることも難しく、実戦経験は不足していた。

 それでも若い高島凱哉監督を中心に、よく鍛えられたチームを作ってきた。3年生は主将で捕手の平野生だけ。新チームは困難な状況で奮闘してきた平野の思いも引き継ぎつつ、今後もいいチームができるに違いない。

 一方勝った大森学園の石黒隼監督は、「いい緊張の中でできました」と語る。初戦に勝利し、いよいよエンジンがかかってきた。

(取材=大島 裕史)

刻々と変わる首都・東京の動きを早く・詳しくお伝えします。
そして、甲子園切符をつかむチームは…夏の高校野球東京大会の試合も熱くお届けします!
TOKYO MX「news TOKYO FLAG」(月~金 午後8時~  土・日午後6時~)

【トーナメント表】第103回東東京大会の結果
【レポート一覧】第103回東東京大会
【レポート一覧】第103回大会