左腕同士の見応えのある投手戦!主将・関の二塁打で二松学舎大附が勝利

 秋、春の都大会で準決勝に進み、今大会でも関東一とともに優勝候補の筆頭格である二松学舎大附が3回戦から登場。相手は、2回戦で錦城学園にサヨナラ勝ちしている東京成徳大高だ。

 二松学舎大附の市原勝人監督も、かなり手ごわい相手であることは、十分予想していた。そのため、先発には当然のようにエース・秋山 正雲を起用した。東京成徳大高は春季都大会で東海大菅生を苦しめた左腕の岩井 拓巳。この両左腕の投げ合いは、見応え十分であった。

 今大会初戦である二松学舎大附は、はやく先取点を挙げて、試合の主導権を握りたいところだ。1回表、1番・永見 恵多の投手の後ろに上がる飛球を、内野陣がお見合いするような形で落球。岩井にしてみれば、打ち取ったのに進塁を許しただけに動揺してもおかしくないところ。

 その後、安打1本と四球で一死満塁となったが、岩井は落ち着いている。カーブなど球速の遅い球を有効に使い、5番・櫻井 虎太郎を三振、6番・浅野 雄志を投ゴロに打ち取り無得点。市原監督が、「ここで入っていたら、もう少し違っていました」と語る逸機であった。

 その裏東京成徳大高は、投手ながら2番の岩井が中前安打で出塁し、ディレードスチールで二塁に進んだが、秋山は本塁を踏ませない。秋山は力のある球をぐいぐい投げこめば、岩井は大きく落ちるカーブを効果的に使い得点を許さない。二松学舎大附は3回に二塁手の親富祖 凪人栗島 義昌に、4回には捕手の冨安 翔太鎌田 直樹に代えた。序盤での選手交代について市原監督は、「ガチガチでした」と語る。緊迫した試合は、選手をさらに緊張させた。

 均衡が破れたのは5回表二松学舎大附の攻撃だった。この回先頭の9番・秋山が左前安打で出塁し、自らチャンスメークした。続く1番・永見のバントが内野安打になり、2番、途中出場の栗島が送って一死二、三塁。3番・瀬谷 大夢は四球で満塁となり、4番で主将の関 遼輔を迎える。関は内角をうまく引っ張って二塁打。2人が生還した。