3投手の継投と12安打6得点で修徳が初戦突破!

 東東京の雄・修徳。2013年の夏の甲子園出場以降、あと一歩で甲子園までたどり着けない。今年から監督が荒井高志氏に代わり、新時代に心機一転で迎える今夏。初戦の都立淵江戦は緊迫の投手戦となった。

 都立淵江の滝歩斗はストレートとスローカーブ、さらにスライダーとチェンジアップの3つをコーナーに丁寧に投げ分けて、奥行きと幅で勝負。このボールを修徳打線がなかなか捉えることができず、チャンスはできても点数を取れない。

 一方、修徳の先発はエース・結城貞斗。ノーワインドアップから始動し、足を上げ切ったところで一度止まることで軸足にタメを作り、スリークォーターの高さから腕を振り切る本格派右腕。そのタメが結城にとって大事なのだ。

 「タメに関しては二段モーションを取られたこともありましたが、やはり上半身だけで投げるとボールが浮いてしまうので下半身も使ってしっかりボールを投げることは大事にしています」

 その結城は武器であるストレートとスライダーを軸に都立淵江打線を翻弄。2回に都立淵江の4番・住吉光栄にセンター前を許すものの、後続を断ち切り味方の援護点を待つ。

 そして3回、修徳は2番・鈴木 啓太がレフト前で出塁すると、4番・横手大路は四球。盗塁と相手バッテリーのエラーで二死二、三塁と得点圏になったところで、5番・村田修平のレフトへの二塁打で先取点を奪う。

 5回にも村田の二塁打。そして7回には4番・横手と6番・岡崎秀馬のタイムリーで終始リードを守った修徳。先発の結城は7回まで投げて散発3安打に都立淵江を抑えて降板。エースとしてしっかり役割を果たすと、8回に3番・染田棟皓のライトへの犠牲フライでダメ押し。