桜美林、積極的な攻撃で日大三との町田市対決に勝利

 桜美林日大三は、ともに町田市にあり、両校の距離は近い。先に夏の全国制覇を果たしたのは桜美林であるが、近年の実績では日大三が大きく上回っている。桜美林の全国制覇の時の主将で、昨年秋に監督に復帰した片桐幸宏監督は、「一つ間違えると、雑と言われるかもしれませんが、積極的に打ちに行きました」と言う。その積極性が、初回から試合を動かす。

 1回裏桜美林は、日大三の先発・廣澤 優から、2球で先取点を挙げる。まず1番の小林蓮が初球に右中間を破る三塁打を放つと、2番・小平健太郎の初球に廣澤が暴投。小林が生還した。さらに安打2本と四球で一死満塁とし、6番・山本礼央の右前安打で1点を追加した。

 2回表日大三は、一失と四球などで無死一、三塁のチャンスを作るが、得点できない。その裏桜美林は二死から3番・岩田泰佑の右前安打で1点を追加した。

 日大三の先発・廣澤は、「大事なところで打たれてしまいました。2回の1点は与えてはいけませんでした」と語れば、小倉全由監督は、「うちは一、三塁から得点できなかったのに、桜美林は2アウトから点を取った。そのしつこさの差が出ました」と、語っているように、2回の表裏の攻防は、試合の行方を大きく左右した。

 廣澤は2回途中で降板。背番号11の児玉悠紀が登板した。児玉も3回裏の先頭打者である6番・山本礼に二塁打を打たれたところで降板し、エースの井上広輝が早くもマウンドに上がった。

 しかし早くも巡ってきた登板に、井上の心の準備は十分でなかった。内野安打と四球で一死満塁となり、1番・小林の中犠飛で1点を追加した。

 丁寧な投球で序盤は日大三に得点を与えなかった桜美林の先発・齋藤敦也は中盤に日大三打線につかまる。

 口火を切ったのは、4回表の5番・大濱快晴のライトスタンドに入る本塁打であった。

 5回表には一死一、二塁から3番・柳館憲吾のライトオーバーの二塁打や、4番・宇津木 帝凱の左犠飛で2点を返す。さらに6回表は、6番の大城 龍馬の本塁打も飛び出し、追い上げる。