伊藤、東海林のリレーで都立東村山西を完封で下す!

 西東京大会もいよいよ21日から5回戦に突入。勝てば神宮行きが決定する大事な一戦となってくるが、府中市民球場では早稲田実業都立東村山西が対戦した。

 先攻の早稲田実業は初回、二死から3番・生沼 弥真人が相手のエラーで二塁まで進むと、4番・梅村 大和がタイムリー。早稲田実業が二死から先取点をもぎとった。

 先制タイムリーを放った梅村は、「清宮 幸太郎さんや野村 大樹さんのようにホームランをたくさん打てないので、繋いだり出塁することを大事にしたいと思っていて、あの打席も繋ぐ意識で入りました。今まで結果が出ていない中でも使ってくれていたので、打ててよかったです」と2年生の4番打者は素直に感想を語った。

 援護点をもらった先発のエース・伊藤 大征は、「ロースコアの展開になると話をしていたので、先取点を与えてはならない」と思い、マウンドへ上がる。それが力みに変り、一死から2番・渡邊想良にライト前を許す。盗塁と3番・笹野秀太のライトへのフライで二死三塁とするも、4番・井上真輝を三振に切って取り初回のピンチを脱する。

 その後の伊藤は、「味方の守備が良かったので、バッターに集中することができましたし、三振ではなく打たせて取ることに意識を変えて投げることができました」と伊藤の心の中に支えができたことで落ち着きを取り戻し、2回以降は安定した投球で反撃の糸口を与えない。

 一方の都立東村山西内野 大輝は最速144キロのストレートと大きくひねる投球フォームが特徴的だが、それ以上に輝いたのは投球術だ。

 横と縦のスライダーを自在に使い分け、カウントをとったりウイニングショットに使ったり。そこにストレートを混ぜることで早稲田実業打線に的を絞らせない。この投球術を和泉実監督は、「コントロールが良く、バッテリーが投げるボールに意図をもっていました。なので、自分たちのスイングをさせてもらえませんでした」と都立東村山西バッテリーに称賛の声を届けた。

 それでも早稲田実業は6回に4番・梅村と5番・茅野 真太郎のヒットで追加点を奪い2対0。早稲田実業の伊藤は9回一死で2番手・東海林碧波にマウンドを譲るが、都立東村山西打線を2人でシャットアウト。完封リレーで早稲田実業が8強に入った。

 試合後、和泉監督は「いいピッチャーと聞いていましたので、点は取れないと思っていましたが、良く攻めてくれました」と2点を奪った選手たちをほめた。

 今日の試合、内野との緊迫した投手戦を制した伊藤。今大会は春の大会の時に比べてかなり調子がいいように見える。春に比べて何か変わったのか聞くと、意識の問題だった。「春はバッターに集中できていませんでした。自分の中とか他のところに集中をしてしまっていました。そこを監督に注意されて、バッターとの勝負に集中するようになってから良くなったと思います」

 いよいよ準々決勝から神宮球場に舞台を移す。4年ぶりの甲子園に向けて、ここからの死闘を全員で乗り切る。

【 速報ページはこちら 】

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】