明星・鈴木、6回までノーヒットピッチングで明大中野八王打線を封じる

 明大中野八王子は2回戦、都立田無相手に苦戦し、辛うじて3回戦に進出した。一方明星多摩大聖ヶ丘を7回コールドで下し勢いに乗る。

 明星は背番号6の鈴木 歩夢明大中野八王子は背番号11の2年生、江口陽太が先発した。

 立ち上がり、明星は三者凡退、明大中野八王子は敵失による走者を出したのみで、投手戦の様相を呈してきた。とりわけ素晴らしかったのが、明星の鈴木で、抜群のコントロールで内外角に投げ分け、明大中野八王子打線を翻弄する。また春は負傷のため欠場していた捕手の工藤正宗が戻ってきたのも大きかった。

 明大中野八王子の江口も好投していたが、4回表につかまる。この回先頭の明星の2番・寺尾汐太が中前安打を放つと、4番・岡部幹太の左前安打、5番・清水晴希の中前安打が続き、貴重な先取点を挙げた。

 1点のリードを得た鈴木の投球は、ますます勢いを増す。気が付けば、6回を終わって、安打を1本も打たれていなかった。7回裏に明大中野八王子の中でも経験豊富な3番の熱田泰祐に中前安打を打たれたが、すぐに併殺で切り抜け、相手に流れを渡さない。鈴木は8回を終わって69球と、少ない球数で明大中野八王子打線を抑えていった。

 明大中野八王子の江口は、1点を失った後も、威力のある球を投げ、追加点を許さない。ただ8回表は、この回の先頭打者、明星の8番・工藤に三塁線を破る二塁打を打たれる。工藤は9番・藤田衛の犠打で三塁に進み、1番・鈴木の四球の後、2番・寺尾の初球にスクイズを仕掛けたが、明大中野八王子バッテリーに外され、工藤は三本間に挟まれアウトになった。

 その裏何とか得点をしたい明大中野八王子は、二死後好投していた江口に代打を送ったが、反撃にはつながらない。逆に江口に代打を送ったことにより交代した2番手の久木田斗真が、鈴木の三塁打など6人連続安打を浴びて5点を失い勝敗の行方は、ほぼ決まった。

 明大中野八王子も9回裏に意地を見せ、主将の5番・渡邊麟太郎の右前適時打などで2点を返したが、時すでに遅く、6対2で明星が勝利した。

 この試合で完投勝利を挙げた明星の鈴木は、春季都大会・3回戦の都立紅葉川戦で打ち込まれ、4回途中まで投げて7点を失った。今回の好投は、その時とは別人のような内容であった。「あの時は、まだマウンドに慣れていませんでした」と鈴木は言う。明星は2年前、1年生の西村英紀の好投で準々決勝に進出した。この代は、西村を中心に投手陣が運営されると思っていたが、故障が長引き断念せざるをえなくなり、そこで投手の育成が急務になったため、この冬、遊撃手だった鈴木は投手の練習も行うようになった。春はまだ投手としての練習が不足していた。「コントロールには自信があります」という鈴木は、この夏注目の存在になりつつある。4回戦は2日連続となるが、17日に啓明学園と対戦する。

 一方敗れた明大中野八王子の江口はまだ2年生。秋以降、東京を代表する投手に育ってほしい。

文=大島 裕史

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】