帝京、逆転で東海大高輪台を下す! 横手投げ・松澤の好投が流れを作る

 帝京東海大高輪台は昨夏も対戦し、その時は、延長戦に及ぶ熱戦の末、東海大高輪台が勝っている。その時マウンドにいた帝京のエース・松澤海渡にとっては、リベンジのチャンスとなった。

 しかし先制したのは、東海大高輪台であった。東海大高輪台は1回表、安打2本と四球で無死満塁とし、4番の伊東 翼は一ゴロに倒れたものの、5番の瀬戸涼太郎のセンターへの打球は、ワンバウンドして帝京の中堅手の頭を越える三塁打になり、満塁の走者3人が還る。連日の猛暑で、グラウンドも硬く、ボールが弾みやすくなっている。それでも追加点を許さなかったことは、帝京にとっては大きかった。

 東海大高輪台の先発は、背番号17の梅澤昂大。変則の横手投げの梅澤に対し、帝京は2回裏、中前安打の1年生・澤石 淳平を1番のトラン・ヒー・キエンがセンターオーバーの三塁打で還し、追い上げる。
 3回裏には、3番・白石結太、4番・田中 悠我の連打の後、5番・志田太陽が送り、6番・笹川太輝の中犠飛で1点を返す。

 帝京の松澤は、この夏は横手投げで登場。球威では上手投げの時に比べると落ちるが、球にキレがあり、制球が安定している。2回以降の松澤の好投により、東海大高輪台は追加点を奪えない中で、帝京は流れを作り、着実に加点する。

 5回裏は、帝京の4番・田中がレフトフェンスに達する特大の三塁打を放つと、5番・志田の中犠飛で同点に追いつく。
 6回裏には、右前安打の1番・トランを二塁に送り、3番・白石の左前安打で逆転に成功すると、二塁に進んだ白石は、田中の左前安打で生還する。さらに7回裏には、トランがライトスタンドに突き刺さる2ランなどで3点を入れて、突き放す。

 帝京の松澤は、初回に点を取られたものの、その後は落ち着いて投げ切った。制球が安定し、9回を完投しての球数は105。安打も9本打たれてはいるものの、大崩れしなかった。トラン、白石、田中に当たりが出ており、帝京が混戦の東東京で、有力な優勝候補であることを、再確認させる勝利であった。
 敗れた東海大高輪台は、戦力的には東東京を代表するチームであるが、なかなかかみ合わなかった。捕手の木下 優成など、有力な2年生がいるだけに、秋以降の戦いを注目したい。

(レポート=大島 裕史)