都立の雄・文京 今年は投打で充実!後半に突き放し3回戦進出!

 ノーシードだが、今年の都立校の中でも、トップクラスの打撃力を誇る都立文京が、立ち上がりから自慢の打線が実力を発揮し、試合を優位に進めた。

 二死から3番佐藤 健人(3年)がインコースに詰まりながらも左翼線へ二塁打を放ち、4番松尾龍(3年)の中前適時打で1点を先制。さらに3回裏には無死満塁のチャンスから押し出し四球と犠飛で3点目を入れた。

 先発・古田 悠将(3年)は左腕から120キロ台の直球、変化球を巧みに投げ分け5回途中まで無失点に抑え、2番手は右腕の金井一弘(3年)が登板。しかし金井は二死から都立大崎の2番黒嵜 篤志(2年)の適時打などで2点を返され、1点差に迫られる。

 だが6回裏、打線が爆発。無死満塁から3番佐藤の犠飛で1点を追加すると、その後、ダブルスチールで一死二、三塁のチャンスとし、松尾が中前へ2点タイムリー。まさに軽打という一打であったが、春の松尾にはない打撃。打者としての幅が広がっている。さらに二死二、三塁とチャンスを広げ、7番綿引 慧(3年)の左前適時打が飛び出し、二者生還。これで10安打目となり、8対2と点差を大きく広げた。

 そして9回表、都立文京は3番手に仲亀 烈太(2年)を投入。春ではベンチ入りしていない投手で、今年初のベンチ入り。仲亀は187センチ72キロの大型右腕。都立文京で登板した3投手の中で最も速い138キロを計測。ステップ幅が広く、真上から振り下ろすフォームは威圧感があり、常時130キロ中盤ながら、角度・威力ともに十分。仲亀はなんと三者連続三振で試合を締めた。これ以上ないデビューといっていいだろう。都立文京の梨本監督が赴任して3年になるが、素材としては一番ではないだろうか。これからの進化が楽しみである。

 勝利した都立文京。2安打を記録した3番佐藤の高度な打撃技術、春から打撃面で進化を見せた4番松尾、8番打者ながら打撃力はクリーンナップをひけをとらないものがあり、反応の良い三塁守備が持ち味の赤井大輝、俊足巧打で3盗塁を記録した青木と好野手揃い。投手陣では今年は絶対的なエースがいないため、梨本監督は1年かけて複数の投手を育て、継投策で勝ち上がるチームとなった。この夏、2年生右腕・仲亀の台頭により、総合力は大きく上がっている。

 都立小山台ブロックに属する都立文京。次は南葛飾と共栄学園の勝者と対戦と、実力校との対決がこれからも続くが、一戦一戦勝ち上がることで、さらに選手たちの実力を発揮できるか注目だ。

(レポート=河嶋 宗一