最後はホームランで決めた大森学園がコールド発進!

 気温も次第に上昇しグラウンドの中の熱気もどんどん上がっていき、試合が進むにつれて観客が増えてきた神宮第二の第二試合。大森学園都立荒川商の試合は、序盤は両校互角の試合を繰り広げた。

 大森学園は初回に2番・上形快晴が死球で出塁するも、後続が続かず無得点。2回は先頭の5番・桃内温がセカンドの頭上をギリギリ超えるヒットでチャンスメイクすると、7番の竹田悦久がレフトにヒットを放ちチャンスを拡大する。しかし8番・工藤翔午、9番・森瑞貴が凡退し、チャンスを活かしきれない。

 すると3回に大森学園はピンチを迎える。先発の工藤が都立荒川商の9番・五木田空にレフト線を破られる二塁打を打たれ、得点圏にランナーを背負う。この場面で続く1番・佐野修斗には粘られた末、8球目を右中間まで運ばれ、都立荒川商に先制点を奪われてしまう。

 だがこれが大森学園打戦に火をつけた。点を取られた直後、1番・長尾淳史がライトへのヒットで出塁すると、2番・上形は送りバントをキッチリ決めて一打同点の場面を作る。3番・武田一真はキャッチャーフライに倒れるも、4番・佐々木大陽は四球を選ぶ。
 ここで前の打席ヒットを放っている5番・桃内が、ライトへの2点タイムリーを放ち、大森学園がすぐさま逆転する。

 4回は互いに三者凡退に終わるが、5回に大森学園が追加点を奪う。
 先頭の2番・上形がレフト前ヒット。続く3番・武田が送りバントで上形を二塁に進めたところで、4番の佐々木がセンターオーバーのタイムリーを放ち、3対1とリードをさらに広げることに成功する。

 2点のリードをもらったマウンド上の工藤は、2回と3回にはピンチを作ったものの、その後は変化球を低めに集めながら、内と外のコーナーに丁寧に投げた。さらに球威のある真っすぐをストライクゾーンに集めるピッチングで都立荒川商打線に的を絞らせず、反撃のスキを与えない。

 2点のリードを保ったまま大森学園は7回に5番・桃内の2塁打で2点。8回にはコールド勝利を決定づけた4番・佐々木のホームランを含む4本のヒットで5点を奪い、都立荒川商を10対1で下した。

 (レポート=編集部)