佼成学園、気持ちを締め直してコールド勝ち!主砲・真田が3ラン

 春季都大会では初戦敗退の錦城に対し、佼成学園は4回戦に進出して夏のシード校になった。前評判では佼成学園の方が高いのは確かだ。しかし4回戦で都立練馬に土俵際まで追い込まれ、延長11回の激闘の末に辛うじて勝ち残った佼成学園にとっては、周囲の評価など全く関係ない。

 佼成学園は1回表から錦城の先発・津田剛志を攻め、四球の1番・小寺龍之介、3番・真田 和輝がダブルスチールをして一死二、三塁とし、4番・中島良太の右犠飛と、5番・松下 豪佑の内野安打で2点を入れる。

 3回表には四球で出た走者を2人置いて、7番・野瀬善之が左中間を破る三塁打を放ち2人が生還。

 4回表は一死二、三塁の場面で、錦城の投手が津田から藤田京之介に代わった直後の初球を、3番・真田がレフトに3ランを放ち勝負を決める。やや当たりの出ていなかった主砲の一発は、佼成学園にとっては好材料だ。

 7点をリードされた錦城であるが、5回裏に反撃する。佼成学園の先発・溝口 真矢から、四球と1番・椎名仁太郎の中前安打、一失で一死満塁とし、投手から一塁手に回っている3番・津田の左前安打と、4番・熊澤崚介の中犠飛で2点を入れる。

 6回裏も9番・後藤凌嘉の二塁打などで1点を返す。
しかし佼成学園は6回表に失策絡みの1点を入れたのに続き、8回表も、小寺、松下の二塁打などで2点を加え10対3。8回コールドが成立した。佼成学園とは力の差があったものの、錦城は2年前に続き5回戦進出と、確実に実績を積み上げている。この試合3安打と気を吐いた椎名は2年生。打撃が柔らかく、今後の成長を楽しみにしたい。

 勝った佼成学園は、準々決勝は日大二と対戦する。国士舘が敗れたため、佼成学園に運が向いているという見方もあるかもしれないが、4回戦の都立練馬戦の苦戦を経験しているため、浮ついた気持ちはない。杉並区のご近所同士が、4強をかけて激突する。

(レポート=大島 裕史)

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ
トーナメント表