日大三の下級生投手陣が躍動!櫻井は打で魅せた

 早稲田実業の試合が、ダイワハウススタジアム八王子でプレイボールがかかるのと同時刻、もう一つの優勝候補筆頭、日大三の4回戦は立川市立川公園野球場で始まった。対するはここまで7得点、11得点と順調に勝ち上がってきている都立立川国際中等教育学校。その相手に対し、日大三は、本格派2年生右腕の中村 奎太に先発のマウンドを託した。エースの櫻井 周斗は「3番・中堅」、金成 麗生は「4番・一塁」でそれぞれ野手としての先発出場となった。

 試合開始まもなく、1番の日置 航がいきなりバックスクリーンに叩き込む先頭打者本塁打で1点を先制。強豪の力をあいさつ代わりに見せつけたかと思えば、この回にさらに1点を追加した。その裏、都立立川国際中等教育学校の3番島田 悠一朗がチーム初安打を放ったが、反撃点にはつながらなかった。

 2回表には日大三がさらに畳みかける。先頭の大塚 晃平が二塁打で出塁すると、先ほど本塁打の日置 航が適時二塁打で1点を追加。2番長谷川 央都が四球で出塁し、一死一、二塁から迎えた3番櫻井はライトスタンドに運び、これが3ランに。この試合、櫻井は打で魅せた。

 普段は同じ投手を務める3年生がバットで活躍すれば、2年生投手の中村 奎太も負けていられない。3回表、二塁打の大塚を塁に置き、打席に立った中村は、先ほどの櫻井の打球さながらの弾道を描きライトスタンドへ2ラン本塁打。さらにその裏の投球では、鮮やかな三者連続三振で相手打者を寄せ付けず、投打で見事な活躍を見せた。

 結局2年生の中村は4回を無失点。13対0と一方的な展開の中で、5回裏の日大三のマウンドに立ったのは1年生の井上 広輝。1年生らしさを感じさせない、威力を感じる速球を武器に、すがる相手打線をあっさり三人で退けコールド勝利を手にした。

 日大三は2年生から1年生につなぐ投手リレーで快勝。今年の日大三は全国的に注目度の高い櫻井 周斗金成 麗生が投手陣にいるが、この中村 奎太井上 広輝の下級生投手も控えているとなれば、この夏はもちろん来年以降にも期待できそうだ。

 都立立川国際中等教育学校も2年生で「3番・遊撃」を務める島田 悠一朗が2安打を記録し、4回には得点圏にランナーを進めるという意地を見せたが、あと一歩のところで食い止められてしまった。

【 この試合のスタメンと試合経過はこちらから!】

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ
トーナメント表