帰ってきたエースの登板に応えた主将の一撃!都立城東「関根効果」で一気呵成に5回戦へ!

 明治神宮野球場での第2試合は、第4シード・都立城東安田学園の対戦。ともに昨夏は5回戦まで進出している。ここで負けるわけにはいかない。

 都立城東の先発は、2回戦と同じく2年生の小林 甲汰安田学園は、この大会2回戦、3回戦と完封してきたエース・撹上 哉真人だ。

 まずチャンスを作ったのは都立城東だった。
2回裏、6番・田中 颯人、7番・中島 誠文の連打と死球で二死満塁のチャンスをつかむ。続く1番・片倉 優樹の打球はセンター前へと落ちるかと思われたが、安田学園セカンド・杉浦 直人がダイビングキャッチ。超ファインプレーでチームを救う。

 すると安田学園は続く3回表、先頭の7番・伊勢 浩弥が四球で出塁し、盗塁でチャンスを広げる。その後二死一三塁とし、さきほどファインプレーの2番・杉浦がライトへ先制のタイムリーを放つ。
だがその裏、都立城東は二死三塁から5番・長濱 有昨が同点タイムリー。すぐさま食らいつく。

 この後試合は膠着状態。都立城東は5回から小林の後を受けた石田 翔太も好投。内野ゴロの山を築けば、安田学園先発・撹上も都立城東打線をこれまたテンポのいい投球で抑え込みマウンドで吼える。次の1点の重みがどんどん増していく明治神宮野球場。

 そして迎えた8回表、一死となったところで都立城東はいよいよエース・関根 智輝がマウンドに上がった。注目投手の登板にファンはもちろん、何より都立城東ベンチとスタンドの盛り上がりが凄まじい。最初のバッターを三振に取り、さらに沸く都立城東スタンド。関根は続く打者もセンターフライに打ち取り、攻守交替。安田学園はその姿にやや気圧されたようにあっさりと凡退してしまう。