安田学園・エース撹上が大東大一打線を封じる

 蒸し暑い天候の中、駒沢野球場では第1試合安田学園大東大一の試合が行われた。お互い初戦を打ちに打ちまくり大差をつけてコールドゲームで勝利している。はたして、試合は投手戦になるのか、打撃戦になるのか。
試合は、両先発がお互い打たせて取るピッチングで、初回は0対0で静かな立ち上がりをみせる。
しかし、2回に試合は動く。

先制点を挙げたのは、後攻の安田学園。先頭の5番谷 涼平がレフト前で出塁すると、6番伊藤 康平が犠打で送る。その後、一死一、二塁にし、8番加賀谷 周作がショートゴロを打つとショートがフォースプレーを狙い、三塁に送球。しかし、これが悪送球になり、その間にランナーが一人生還し1点を先制。二死一、三塁となり、1番北川 達也が打ったショートへの打球は相手のエラーを誘って、さらに1点を追加。2対0と安田学園が序盤をリードする。

安田学園先発エースの撹上 哉真人は5回まで味方エラーでランナーを出すものの、サイドスローから繰り出されるストレートとスライダーで無四球無安打のピッチングを見せ大東大一打線をピシャリと抑える。

反撃を見せたい大東大一は、6回表一死無塁から1番の伊藤 滉希がセーフティバントでこの日初ヒットで出塁する。しかし2番品川 晃一、3番太田 裕喜が倒れてしまいチャンスを広げることが出来ない。この回を結局無得点で終える。

大東大一のエース鬼本 貴徳は2回の失点以降、ピンチは作るものの粘り強いピッチングで8回までを無失点に抑える。3回から8回までお互いスコアボードに0の数字が並び、2対0で安田学園がリードしたまま最終回を迎える。

9回表、先頭の1番伊藤はショートフライで倒れてしまうが、2番品川が頭付近にデットボールが当たり臨時代走で伊藤が一塁ランナーとして出る。ここから得点をつなげたがったがエース撹上が大東大一打線に立ちふさがり、安田学園が3回戦を突破した。

安田学園の撹上は、1安打無失点104球の省エネピッチングで抑えた。対する大東大一の鬼本は、8安打2失点151球の力投をしたが勝ちに繋げることは出来なかった。

大東大一はベンチに多くの3年生が入っていて元気が溢れていた。この対戦で3年生は引退してしまうが、明日からは新たなチームとして始動していく。秋にどんなチームを作り上げてくるか非常に楽しみだ。


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ