東海大菅生が逆転で日大鶴ヶ丘を破る!

 2014年の西東京大会決勝戦以来の対決。
試合は終盤まで手に汗握る一戦となった。先制したのは4回裏に1点を先制されたが、6回表、二死一、二塁から6番伊藤 壮汰(3年)の適時打で同点に追いつく。7回裏に1点を勝ち越されるが、8回表には金子 佳樹(3年)の適時打で同点に追いつくと、さらに伊藤の犠飛で勝ち越した東海大菅生。9回表にも、一死一塁から小田桐 陸(3年)の2ランで5対2と大きく突き放した。投げては伊藤が日大鶴ヶ丘打線を2点に抑え、完投勝利。ベスト8進出を決めている。

【試合イニング速報ページ】