都立久留米西が打ち勝って初戦突破!勝利を引き寄せた4回のビックイニング!

 まだ日差しが強い府中市民球場での第三試合。14時半過ぎに開始となった、都立久留米西vs都立松が谷の一戦。

 1対1で迎えた4回表。都立久留米西の打線が爆発する。安打、四球でランナーを満塁にして8番・先発投手でもある、鳥井原 旭が2点適時打を放ち、まずは2点勝ち越し。これをきっかけに後続も繋いで、打者一巡の攻撃でいきなり6点を入れるというビックイニングを作った。相手のミスを逃さない走塁もこの得点に繋がった。

 7対1と点差が開いてしまった都立松が谷。相手のミスから走者を出すものの、あと一本が繋がらず。2回以降、1点が遠くなってしまう。

 さらに反撃に出る都立久留米西は5回表にも3安打を集めて2点追加。9対1と点差をさらに広げる。各打者が広角に打ち分けることから、都立松が谷の野手陣もポジショニングを変えて、対応しようとするがうまく当てはまらない。

 ベンチからの声に耳を傾けてみると、「まだ足りないぞ!もっと点取るぞ!」ベンチから威勢のいい声が出ているのは8点差リードの都立久留米西
しかし、守備ではミスが非常に目立ち、都立松が谷打線を3人でなかなか抑えられない。それでも都立久留米西は鳥井原、小寺 康太、桐原 駿と必死の継投で繋ぎ、都立松が谷を抑え込む。結果、都立久留米西が7回コールド、9対1で都立松が谷に勝利した。

 秋、春とあと一本が出ずに打てなくて負けていた都立久留米西だったが、この日は11安打9得点と打線が爆発。4回表のビックイニングが最終的には勝利を呼び込んだ形になった。しかし守備では4失策とミスも多く出てしまったことから次戦に向けて、この打撃力を生かすために守備面でミスを最小限に減らす準備をしていきたい。

 都立久留米西は次戦、都立松原錦城の勝者と対戦することが決まった。

(文=高校野球ドットコム編集部)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会