2017年07月08日 徳島県鳴門総合運動公園野球場(オロナミンC球場)

小松島vs徳島科学技術

2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

乱戦制したのは「エースナンバーの意地」で勝った小松島!

 高い個の能力を前面に押し立てて戦うスタイルを持つ徳島科学技術小松島が激突した1回戦。試合はプレーボール直後から大きく動いた。

 1回表、徳島科学技術は無死一塁から2番・土佐 凌平(3年・二塁手・173センチ66キロ・右投左打・)右中間突破適時二塁打を皮切りに打者12人を送り込み、7安打を集中させ一挙6得点。立教大では上重 聡(現:日本テレビアナウンサー)、多田野 数人(現:ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズ選手兼任コーチ)の1年後輩、二塁手として活躍した福井 健太監督がデザイン変更した縦じまのユニフォームがダイヤモンドを駆け巡った。

 しかし、小松島はその裏に二死二塁から4番・森本 楓雅(3年・中堅手・162センチ72キロ・右投右打・徳島阿南シティホープ<ヤングリーグ>出身)の中前適時打で反撃に転じると、1回表一死に右翼手からマウンドに上がった最速138キロ左腕・後藤 僚真(3年・172センチ65キロ・阿南市立羽ノ浦中)が力投。8回表に徳島科学技術1番・片岡 威(3年・遊撃手・173センチ62キロ・右投右打・上板町立上板中出身)の、この日3安打3打点目となる技あり右前適時二塁打で1点こそ失ったものの、内外角低めへの伸びのあるストレート、ブレーキの利いたスライダー・チェンジアップで9回3分の2・146球を投げて7奪三振。エースナンバーの意地を見せた。

 そして後藤に小松島打線も応え、6回裏には森本の適時打、6番・宮本 凌門(3年・捕手・170センチ70キロ・右投左打・阿南市立阿南中出身)の2点適時打に敵失も絡めて6点を奪い返し勝ち越し。7対7とされた後は、徳島科学技術の1年生右腕・近藤 駿(179センチ85キロ・右投右打・徳島松南<ヤングリーグ>出身)の伸びのあるストレートに苦しめられたが、最後は延長10回裏一死満塁から1番・岸野 羊汰(3年・遊撃手・170センチ60キロ・右投右打・小松島市立坂野中出身)の遊撃ゴロホーム返球がわずかにそれ(記録は内野安打)小松島がサヨナラ勝ち。秋春連続初戦敗退を糧として総体協賛ブロック大会南部ブロック準優勝でつかんだ勝利への糸口をしっかりつかみ、ベスト8に進出した前回大会に続く初戦突破を果たした。

(レポート=寺下 友徳

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
巨人・増田大輝(小松島出身)はかつての代走屋・鈴木尚広(相馬出身)に匹敵する活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
巨人・増田大輝(小松島出身)。独立リーグ出身では史上2人目の2年連続10盗塁を記録! 【ニュース - 高校野球関連】
徳島科学技術vs城ノ内【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第72回 「鉄腕」の秘められた高校3年間 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
鳴門vs小松島【徳島県 2018年春の大会 第71回徳島県高等学校野球春季大会】
第640回 【特別対談】高橋宗司さん×クーニンさん×河嶋宗一(高校野球ドットコム副編集長)VOL.3「それぞれの野球観」 【2018年インタビュー】
徳島北vs徳島科学技術【徳島県 2016年秋の大会 徳島県大会】
鳴門vs小松島【徳島県 2014年秋の大会 徳島県大会】
高松一vs小松島【2013年秋の大会 第66回(平成25年度)秋季四国地区高等学校野球大会】
小松島 【高校別データ】
徳島科学技術 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権徳島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

徳島県地域応援スポンサー

徳島県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る