守りからリズムを作り、安生慶之介の3ラン本塁打で試合を決す!國學院栃木、7回コールドで決勝へ!

 ベンチ前で円陣を組み気合を入れる選手達に呼応するように徐々に上がる気温。試合開始の時間にはバックネット裏は満員だ。

 國學院栃木は今大会注目の右腕、渡邊 峻平が先発。青藍泰斗は2回戦以降先発を任されている古旗 庸人が準決勝の舞台でも、先発を任された。

 2回表、4番大塚 浩史は初球を叩くと打球はサードベースに当たりラッキーな形で無死二塁に。続く5番剣持が送り一死三塁とすると、6番御田のショートゴロの間に大塚が生還。先制の1点を入れる。
その裏、制球の定まらない青藍泰斗古旗は四球、死球で一死一、二塁にしてしまうが、7番矢口 隼大をライトフライ、8番大橋 悠介をサードゴロに打ち取りピンチを脱する。

 4回、芯を捉えきれない國學院栃木打線だが、対する古旗も未だ制球が定まらず苦しむ。そして四球、死球で一死一、二塁にしてしまったところで青藍泰斗ベンチは伝令をいかせ落ち着かせ、7番矢口、8番大橋を凡打で打ち取る。

 5回、ボールが先行しつつも140キロの速球で青藍泰斗打線を抑え続ける渡邊に、守備が応える。8番古旗の右中間へのフライをセンター金子 莉久がダイビングキャッチ。守りからリズムを作り、その裏、國學院栃木打線が火を噴いた。

 先頭打者を四球で出すと、1番金子がファースト線にうまいゴロを転がす。それを古旗、野口 翔が譲り合ってしまい無死一、二塁。2番高橋 一将はサード前にバントを転がすと今度はサード御田 智大が悪送球。その間に2人のランナーが還り逆転、打った高橋は2塁へ。

 その後一死三塁にすると4番横倉 隆生がレフトフェンスに届く二塁打でさらに1点を追加。ここで青藍泰斗はバッテリーを交代。ピッチャーを山野井 勇人、キャッチャーを田中 拓真に変える。
しかし四球の後、6番安生 慶之介がレフトスタンドに大きな3ラン本塁打を放つ。堪らず青藍泰斗ベンチはピッチャーを2年生の板垣 理音に交代。ライトフライ、ファーストへのファールフライに打ち取り打者一巡の猛攻を止めた。

 6回裏も、二死ながら連続四球で満塁のピンチを背負うが、5番直井 貴裕をレフトフライに打ち取り、このピンチも凌いだ。

 逆転後はすっかり調子を取り戻した國學院栃木渡邊。ストライク先行で青藍泰斗に三振、凡打の山を築く。

 そして7回裏、國學院栃木は6番安生を死球、7番矢口を四球で出すと、9番寺島 大貴がレフトの頭を越す適時打を打ち2点を追加。
コールドが成立し8対1で國學院栃木が決勝へコマを進めた。

(文=高校野球ドットコム編集部)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!栃木県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会